ソニー株式会社 / 【画像信号処理アルゴリズム開発】CMOSイメージセンサー

新着

【画像信号処理アルゴリズム開発】CMOSイメージセンサー

ソニー株式会社

求人ID:NKW80679166

情報提供元

株式会社パソナ 人材紹介事業本部(人材紹介事業本部)

  • 上場企業
  • 育休・産休・介護休暇実績あり
  • 土日祝日休み
  • 設立50年以上
  • 急募求人

【おすすめポイント】
【ソニーからのメッセージ】ソニーCMOSセンサは、スマートフォン、デジタルスチルカメラ、カムコーダ等すでに多くの分野で使用され、高速・高画質を活かしたカメラの実現に貢献しています。

求人情報詳細

仕事内容

【メッセージ続き】裏面照射型や積層型のセンサや周辺ISP/AP向けに、より高速高画質かつ高度な信号処理をHW/SWとして実現します。また、画像だけではなくインテリジェンスをセンサソリューションに付加することで、イメージング、センシングワールドの進化の一翼を担っていきます。HDR技術や高速AF機能等、幅広い技術を総合してイメージセンサで実現できる新規機能の創出、ビジネス導入を行っており、新規技術開発から顧客導入まで幅広いキャリアを経験できるやりがいある職場です。センサ自身を自社開発している強みを生かした、高付加価値を生む画像信号処理開発に取り組んでみたい方の応募をお待ちしています。

■組織としての担当業務
・モバイル/監視/産機(FA、IoT)/医療カメラ向けイメージセンサーの画像信号処理アルゴリズム開発。高画質化や各種画像補正処理、画像センシング向け信号処理のアルゴリズム提案、製品化仕様検討、及び商品導入
・開発技術の顧客商品紹介、技術導入

■職場雰囲気
20代、30代の若い世代と40代以上の中堅・ベテラン社員が数人程度の単位でチームを組んで活発な議論を重ねながら新規開発に取り組んで業務にあたっている事例が多いです。
また、テレワーク制度も積極的に活用し業務効率化及び個人のワークスタイルにも配慮した働き方を推奨している職場です。

■担当していただく具体的な業務内容
・C言語等の画像simulation等を用いたアルゴリズム開発・仕様提案並びにアルゴリズム妥当性検証
・高画質化信号処理開発(次世代HDR/AF/ノイズリダクション等)、新規の画素配列・構造における画素特性補正用信号処理開発、ウエアラブル向けも想定した認識系信号処理開発
・開発アルゴリズムのリソースバジェット(ソフトウエア処理時間やロジック回路規模や消費電力など)を踏まえた最適ソリューション提案

■想定ポジション
1つの開発案件を1~数名程度のチーム単位で行うプロジェクトにおいて開発担当または開発リーダを担っていただきます。

■描けるキャリアパス
画像信号処理開発スキルおよび社内外顧客との仕様調整、商品導入を経て得られるビジネス開発キャリア

※職務内容の詳細につきましてはご面談時にお伝え致します。
応募資格 ■C言語等による画像simulationによる画像アルゴリズム処理開発経験
■英語のデータブックを読んで理解できるレベル

【歓迎要件】
▼画像信号処理を主体としたイメージセンサ開発プロジェクトのキックオフから商品導入までのプロジェクトリーディングスキル
▼開発アルゴリズムの組み込みCPU/GPU向けソフトウエア化を行うための高速化知識、ハードウエア化を行うためのロジック設計知識
▼海外顧客とのビジネス会話できるレベルだと業務の幅が広がります
年収・給与 前職年収やスキルに応じて決定します。
詳細勤務
条件
勤務地 神奈川県
厚木市旭町4-14-1厚木テクノロジーセンター
勤務時間 09:00~17:30
雇用形態 正社員

求人会社概要

求人会社名 ソニー株式会社
設立 1946年
資本金 8742億円
概要 【主要営業品目】
モバイル・コミュニケーション、ゲーム&ネットワークサービス、イメージング・プロダクツ&ソリューション、ホームエンタテインメント&サウンド、半導体、コンポーネント、映画、音楽、金融及びその他の事業
業種 電子・電気部品

同じ業界・職種で探す