20代男子の本音「彼女は欲しいがいなくても満足」

20代男子の本音「彼女は欲しいがいなくても満足」

2020/02/05

今ドキ男子の本音トーク座談会(上) 女性に対して積極的になれないのは「イケてない」と思われるのが怖いから

やれ男子は草食になった、やれデート代もワリカンが普通……などいろいろいわれる昨今ですが、実際のところどうなのでしょうか? 今ドキ男子の生態や考え方を直接聞いてしまおう!という趣旨でスタートした本連載。今回も、等身大のdoors男子(若い独身男性)たちに、doors編集部唯一の男性記者(既婚)がファシリテーターとなり、男同士のぶっちゃけ本音トークの座談会を開催しました。上下編の2本立てでお送りします。
上編 20代男子の本音「彼女は欲しいがいなくても満足」 ←今回はココ
下編 草食系男子は「セックスはしたいけど人間関係が面倒」

山下大征(やました・ひろゆき)さん(左)
人材サービス業(営業)
26歳。社会人3年目。学生時代からやっていたバスケットボールを今も続けながら、OBとして後輩に指導も行う。また、大学ではアカペラサークルにも所属。現在も2つのバンドを掛け持ちしている。付き合って1年弱の彼女がいる。

國井祐吾(くにい・ゆうご)さん(右)
不動産業(営業)
27歳。元野球部で、休みの日は草野球をやったり友人と飲みに行ったりして過ごす。現在特定の彼女はいない。

趣味が合う幼なじみと交際1年

日経doors編集部(以下、――) 日経doors編集部の田中裕康です。今日は20代独身男性のおふたりに、恋愛や結婚に関する本音を聞きたいと思って来てもらいました。さっそくですが、今交際している彼女はいますか?

國井さん(以下、國井) 僕は、1年半くらい彼女はいないですね。

山下さん(以下、山下) 付き合って1年弱くらいの彼女がいます。

―― 山下さんは彼女とどこで知り合ったんですか?

山下 実は幼なじみなんです。実家同士が歩いて5分くらいの距離で、小・中学校が同じでした。ずっと友人だったのですが、僕も彼女も音楽が好きで、好きなアーティストも同じだったので、一緒にライブに行くうちに距離が縮まって付き合うことになりました。

―― お付き合いに発展する上で、音楽という共通の趣味があったのは大きかったのでしょうか?

山下 そうですね。食べ物の好みが合ったのも、僕にとっては大きな要素でした。

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経doors

2020/01/28掲載記事を転載