流されキャリアは悪くない 価値ある人になれる思考

流されキャリアは悪くない 価値ある人になれる思考

2019/01/10

強みがないと嘆く必要はない 肯定すべきあなたの仕事の軌跡

 すずまり姉さんの的確なアドバイスで好評を博した本連載も、いよいよ見納め! 最終回となる今回は日々、頑張っている皆さんに向けて「自分のブランド化」と「キャリアデザイン」についてお話しします。すずまり姉さんの愛があふれるメッセージを、どうぞ受け取ってください!

幕を閉じた第一弾シリーズは
鈴木真理子のミスなし、ムダなし、残業なし 信頼の仕事術
(登場人物)
すずまり姉さん(45歳) & ひよ子(24歳) & やる子(32歳)


左:すずまり姉さん(45歳)/広報部長。社内を練り歩き、各部署の情報を巧みに収集しながら仕事術のレクチャーも行う。過去に数多の過ちをやらかした経験からミス、ムダ、残業を忌み嫌っている。
中:ひよ子(24歳)/入社2年目、やる子の後輩。女性活躍の追い風でキャリア意識が高く、やる気はあるものの失敗も多い。女子力高めのふんわりキャラだが若干不安定。悩んでは落ち込みを繰り返す。
右:やる子(32歳)/1年の間、すずまり姉さんの愛のムチを受けた結果、めでたくチームリーダーに昇進。しっかり者だが、中堅どころならではの悩みも多い。最近はキャリアに目覚め、日々精進中。
私、このままでもいい…? 漠然とした不安を払拭したい!

 イルミネーションが華やかにきらめく夜の繁華街。前回の「忘れ物やミスがなくなる『手作り仕事アイテム』3つ」で、すずまり姉さんに恋愛話の披露をねだったやる子とひよ子は、闊歩(かっぽ)する姉さんの後をちょこちょこと歩いています。

やる子 「すずまり姉さんの恋バナなんて、初めて聞くよ、私。何だかドキドキ」

ひよ子 「私もです! 最近、彼とイマイチうまくいってないから、アドバイスももらいたいなぁ」

 そんな会話を交わしながら、行きつけのダイニングバーに入った3人。景気よく乾杯した直後、すずまり姉さんへ質問が矢継ぎ早に浴びせられます。

やる子 「で、姉さん。今年の6月に何かあったみたいですけど、一体どんな出来事が?」

ひよ子 「お相手は? 私たちも知っている人ですか? ちょうどあの頃、よく出張で飛び回っていたけど、さては……?」

すずまり姉さん 「ちょ、あ~たたち、落ち着いて。もう最終回だってのに、恋バナで終わるつもり? 仕事に対しての悩みが全くないなら、それでもいいんだけど」

ひよ子 「あります! 実は最近、彼とギクシャクしちゃってて……」

やる子 「うぉい! ひよ子ちゃん、仕事の悩みじゃないじゃん。それより姉さん、私の悩みを聞いてください。最近、このままでいいのかなって思っていて」

すずまり姉さん 「あら、やる子、珍しく迷走しているわね。いえ、特に珍しくもないか」

やる子 「う、痛いところを……。でも確かに、何かこう、会社に言われるままでいいのか、とか、いつまで働けるんだろう、とか、いろいろ見えなくなってるんですよ、今」

すずまり姉さん 「ま、気持ちは分かるわ。あ~たに今、必要なのは『やる子ブランド』を築くことね」

やる子 「へ?」

ひよ子 「部長、どういうことですか? やる子先輩が起業するとか?」

すずまり姉さん 「要は、自分をブランド化するってことよ。まあ、お二人さん、まずはお聞きなさいな」

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経ウーマンオンライン

2018/12/25掲載記事を転載