転職白書 経験者が語る転職前後でやってよかったこと

転職白書 経験者が語る転職前後でやってよかったこと

2017/04/03

転職経験者が振り返る、やっておけばよかったこと

日経ウーマンオンラインと働く女性のための転職サイト「日経WOMANキャリア」は、転職についてのアンケートを実施しました。働く女性704人から得た回答を基に、日経ウーマンオンラインでは「働く女性の転職白書」を発表! 第8回は、転職経験者が明かした、転職前後に「やっておいてよかったこと」「やっておけばよかったこと」をご紹介します。

働く女性の転職白書

第1回 転職白書 女性の7割が転職希望「時間と勇気なく我慢」
第2回 転職白書 一番人気は事務系 憧れ業種は意外なあの業界
第3回 転職白書 女性の決め手 福利厚生より「年収と未経験可」
第4回 転職白書 経験者8割が満足 年収や働き方、人間関係改善
第5回 転職白書 女性がよく使うエージェント 活用のメリットは?
第6回 転職白書 転職後に年収が上がった人が実践していたこと
第7回 転職白書 転職は実際いくらかかる? 平均は12万円
第8回 転職白書 経験者が語る転職前後でやってよかったこと(今回はここ)
【調査概要】
2016年11月7日~12月4日、日経ウーマンオンラインと日経WOMANキャリアのサイト上で調査を実施。日経ウーマンオンラインを通じて回答した回答者389人、日経WOMANキャリアを通じて回答した回答者315人、計704人の回答を得た。属性は、独身59.4%、既婚(子どもあり)19.3%、既婚(子どもなし)15.3%。年齢は25~39歳が62.1%。居住地は、東京都28.1%、神奈川県12.9%、大阪府7.8%。会社員(一般職)61.8%。
転職前にやってよかったのは「棚卸し」「勉強」「相談」など

 「転職前にやっておいてよかった」と思うことを聞いたところ、次のような回答が挙がりました。転職に備えて、さまざまな工夫をしていることが分かります。テーマ別に紹介しましょう。

転職前の職場でしっかり働く/引き継ぎをする

■ がむしゃらに働いてスキルをつけていたこと(38歳、広報・宣伝、農林水産・鉱業)

■ 次の会社に行くための職務経歴書に書けるような実績作り(39歳、コンサルタント・研究職、コンサルティング・会計・法律関連)

■ 真面目に仕事をしてきたことで、次の職場も人脈上ですぐに見つかった(52歳、CADオペレーター、建設)

■ 不満がある職場でも、退職するまでは全力で仕事に取り組むこと。引き継いだ後の人が困らないように、根回しをしておくなど、「立つ鳥跡を濁さず」の精神(36歳、営業・販売、図書流通サービス)

■ 身辺整理。漠然と転職しようと決めたのが、退職する半年前。それからは自分がいなくなっても誰が見ても分かるデスク、パソコン、資料作成方法や管理ルールを心掛けていたので、その点は褒めてもらえた(30歳、企画・開発、医療)

転職前にどれだけ頑張れるかも転職後につながっています (C) PIXTA

資格を取る/スキルアップする

■ 履歴書に書ける資格を取得しておく(37歳、特許事務、コンサルティング・会計・法律関連)

■ 2回転職しているが、資格を取得していたおかげで未経験の職に転職できた(48歳、一般事務・営業事務・医療事務、その他製造)

■ 簿記、法務検定、秘書検定、語学などの資格を取得。学ぶことに抵抗がない点を評価された(31歳、法務、建設)

■ 職業訓練校で、簿記、パソコン、TOEICなどの資格に向け強制的に勉強した(50歳、経理・財務・会計、食品、医薬、化粧品)

キャリアを考える

■ やってきたことの棚卸し。PRのためだけではなく、自分はこれだけやってきたという自己肯定感も抱けた(31歳、経理・財務・会計、不動産)

■ 専門性を持つこと。将来的に何がしたいかという自分の中でのプランを立てること(45歳、編集・ライター、放送・広告・出版・マスコミ)

業界や企業について調べる

■ 企業分析。ホームページや口コミでイメージをつかんでいったので、「イメージと違う!」ということがなかった(38歳、一般事務・営業事務・医療事務、放送・広告・出版・マスコミ)

■ 業界の人からリアルな話を聞いていたこと。そのおかげでギャップがなかった(27歳、WEB関連、放送・広告・出版・マスコミ)

友人・知人に相談する

■ 転職経験がある友人へ面接等の対策相談(28歳、営業・販売、食品、医薬、化粧品)

■ ずっと続けていた朝活。仕事上だけではない友人たちのおかげで前向きなアドバイスをたくさんもらった(39歳、一般事務・営業事務・医療事務、食品、医薬、化粧品)

■ 友人や知人に転職を考えているとアピールしたら、現職の仕事の話をもらえた(33歳、一般事務・営業事務・医療事務、電気、電子機器)

人材紹介機関などを利用する

■ 人材紹介サービスに登録し、自分の適正やキャリアについて相談することで、衝動的な転職意欲だけで動くのではなく、転職に対する自分の考えを整理して冷静になることができた(30歳、コンサルタント・研究職、教育・教育学習支援関係)

■ ハローワークへの登録。登録すれば、自宅のパソコンから詳しい求人内容が見られるため(36歳、一般事務・営業事務・医療事務、運輸)

■ 離職前に転職サイトに登録しておいた。事前にどんな求人があるのかを知ることができた(34歳、通訳・翻訳、通訳)

■ 転職エージェントも含め、派遣会社や自治体でやっている無料カウンセリングを受けたこと(35歳、経理・財務・会計、コンサルティング・会計・法律関連)

転職サイトに登録して事前に情報収集 (C) PIXTA

その他

■ 常日ごろから履歴書や職務経歴書をアップデート。自分の今の仕事内容の整理にもなる(37歳、特許事務、コンサルティング・会計・法律関連)

■ 第一印象を良くするために、立ち居振る舞い、姿勢を良くするなどを日ごろから気をつけていた(33歳、一般事務・営業事務・医療事務、放送・広告・出版・マスコミ)

■ イメージコンサルタントの方にお願いし、メイクと服装のアドバイスをもらった(39歳、一般事務・営業事務・医療事務、食品、医薬、化粧品)

■ 失業保険や社会保険について調べること(37歳、経理・財務・会計、医療用消耗品の販売)

■ 長期の海外一人旅(37歳、広報・宣伝、教育・教育学習支援関係)

 いかがでしたか。仕事のスキルや資格、人間関係など、一朝一夕に身につけるのが難しいものもありました。ぜひ参考にしながら、自分に合った転職をつかみたいですね。次回は、転職経験者が振り返って「転職前後にやっておけばよかった」と思うことを紹介します。

文/佐々木恵美 写真/PIXTA

働く女性の転職白書

第1回 転職白書 女性の7割が転職希望「時間と勇気なく我慢」
第2回 転職白書 一番人気は事務系 憧れ業種は意外なあの業界
第3回 転職白書 女性の転職の決め手 福利厚生より「未経験可」
第4回 転職白書 経験者8割が満足 年収や働き方、人間関係改善
第5回 転職白書 女性がよく使うエージェント 活用のメリットは?
第6回 転職白書 転職後に年収が上がった人が実践していたこと
第7回 転職白書 転職は実際いくらかかる? 平均は12万円
第8回 転職白書 経験者が語る転職前後でやってよかったこと(今回はここ)
【調査概要】
2016年11月7日~12月4日、日経ウーマンオンラインと日経WOMANキャリアのサイト上で調査を実施。日経ウーマンオンラインを通じて回答した回答者389人、日経WOMANキャリアを通じて回答した回答者315人、計704人の回答を得た。属性は、独身59.4%、既婚(子どもあり)19.3%、既婚(子どもなし)15.3%。年齢は25~39歳が62.1%。居住地は、東京都28.1%、神奈川県12.9%、大阪府7.8%。会社員(一般職)61.8%。
この連載は、毎週月曜日に公開しています。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 【アラサー世代の転職指南塾】

Provider

日経ウーマンオンライン

2017/04/03掲載記事を転載
転職白書 経験者が語る転職前後でやってよかったこと