「1分1秒でも長く寝かせて」本音が生んだ朝用マスク

「1分1秒でも長く寝かせて」本音が生んだ朝用マスク

2018/09/21

サボりながらもキレイになるアイテムを生み出した「女子開発ラボ」って?

 女性の「悩み」を解消してくれる商品やサービスは、どのようにして生まれたのでしょうか。連載4回目に取り上げる商品は、「サボってもキレイでいられる」を実現する朝用マスク「Saborino(サボリーノ) 目ざまシート」。同商品を企画した「スタイリングライフ・ホールディングス BCL カンパニー」の御殿谷りえさん、齊藤久美子さん、三原彩さんの3人に、開発にまつわる話を伺いました。


写真右から
御殿谷 りえ(みどのや りえ)
 宣伝本部・宣伝部係長。「女子開発ラボ」の初期メンバーとして、「サボリーノ 目ざまシート」の企画・開発を担当。
三原 彩(みはら あや)
 マーケティング本部・販売促進部 兼 国内事業部 バラエティ営業部。2017年に入社後、「サボリーノ」ブランドを展開する「女子開発ラボ」のメンバーに。
齊藤 久美子(さいとう くみこ)
 企画本部・企画2部1課課長。「女子開発ラボ」の初期メンバーとして、「サボリーノ 目ざまシート」の企画・開発を担当。
◆女子開発ラボの《欲しいをカタチに》ストーリー◆
【きっかけ】
・社長の発案で「女子開発ラボ」が発足。アイデア考案時、普段抱えている不満や欲しいものに改めて焦点を当ててみたところ、「朝の面倒臭さ」にたどり着く
 ↓
【逆風~信念を貫き通す】
・「洗顔」まで一緒にするという商品に対して社内から不安視する声もあったが、「洗顔」という要素を外せば「朝の面倒臭さを解消する」というコンセプトからズレてしまう、と信念を貫き通し、ついに発売へ。
 ↓
【「欲しい」を「カタチ」にした後は】
・数量限定での発売後、大ヒット。現在は、新たなる時短アイテムも続々と登場している。今後も、もっと女性たちが「自分のための時間」をつくれるような商品の開発に挑み続ける。
女性の本音は「1分1秒でも長く寝ていたい!」

 きちんとスキンケアはしたいけど、朝は時間との勝負。何とかして「時短」と「しっかりケア」が両立できるアイテムはないものか――。この切実な気持ちは、働く女性であれば誰もが感じたことがあるはず。

 「サボリーノ 目ざまシート」は、スキンケアや保湿下地だけでなく、60秒で「洗顔」まで完了するオールインワンの朝用マスク。「サボり」ながらも「キレイ」にしてくれる時短コスメです。

 同商品を企画・開発した齊藤久美子さん、御殿谷りえさん、そして現在販売促進を担当している三原彩さんに、商品誕生のきっかけやブランドコンセプトなどについて伺いました。

 「『サボリーノ 目ざまシート』は、『女子開発ラボ』という社内プロジェクトチームから生まれたアイテムです。企画、宣伝、営業、販売推進の各部署に所属する20代後半~30代前半の女性5人(営業2名、他各1名)が集まり、新商品の企画・開発から店頭展開・イベントまでをトータルにプロデュースしています」(御殿谷さん)

 この「女子開発ラボ」は、カンパニーエグゼクティブプレジデントである北村博之社長の発案で、2013年に発足。会社としても初のプロジェクトだったそうですが、発足時のメンバーでもある齊藤さんと御殿谷さんは、どのようにして「朝用の時短マスク」というアイデアにたどり着いたのでしょうか。

 「最初のうちは、社内アンケートを取ったり、関連会社にヒアリングをしたりしていたのですが、なかなか『コレだ!』と思えるアイデアが浮かばなかったんです。だから一旦、自分たちが普段の生活の中で抱えている『不満』や、こんなものが『欲しい』という気持ちに立ち返ってみようという話になり、突き詰めて考えていくと、『朝の面倒臭さ』に行き着いたんです」(齊藤さん)

 5人の1日のスケジュールを出し合うなどして話し合ってみると、仕事柄メークをしっかりとしている営業や宣伝、販売促進のメンバーでも、「毎日のメークは面倒臭い」「できるだけ長く寝ていたい」と思っていたことが判明したんだそう。

 「『1分1秒でも長く寝ていたい』『洗面所に顔を洗いに行くのも面倒臭い』というのが5人の共通意見だったので、『寝ながら洗顔もできて、1回の動作で朝のスキンケアが終わるものが欲しい』という発想に至りました」(御殿谷さん)

 「実は、企画当初はファンデーションもできるマスクを考えていたのですが、ファンデーションをプラスすると液剤が重くなり、液だれが発生するという問題がありました。液だれが発生すると、服を着たままマスクが貼れず、落ちた液剤の掃除など面倒なことも増えてしまうので、最終的には『60秒でメイクに取り掛かれるオールインワンマスク』に決定しました」(齊藤さん)

 目的は、朝の「時短」と「面倒臭さ」の解消。このブレない軸があったからこそ、「洗顔もできる」という斬新な発想が生まれ、反対に「ファンデーション機能は付けない」という決断ができたのではないでしょうか。

 「その他にも、マスクが大き過ぎて貼ったときに隙間が空いたり、剥がれたりすることを防ぐため、しっかりと顔に密着するサイズを追求しました。マスクの後に、すぐにメークに移れることも重要なポイントだったので、潤いとサラッと感のバランスにもこだわりました」(齊藤さん)

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経ウーマンオンライン

2018/09/21掲載記事を転載