山や海…自然豊かな環境を求めて ネイチャー育児

山や海…自然豊かな環境を求めて ネイチャー育児

2020/03/04

親の仕事と両立させながら移住や二拠点生活。親子で一緒に自然を楽しむのは良いことずくめ

 「東京に空が無い」。そう感じているのは、「智恵子」(詩人である高村光太郎の妻)だけではありません。

 子どもにいろいろな自然体験の機会を作ってあげたいという「ネイチャー育児」が目的で、住環境や働き方を見直し、移住や二拠点生活をしている人たちを今回取材したところ、「移住して空の広さを実感しました」「空の青さに気づきました」といった言葉が飛び出しました。

 広い空や、山や海が広がる土地で過ごすための移住や二拠点暮らし。

 言葉だけを聞くと、「育児中の身には無理」と思うかもしれません。ところが、二拠点生活をしている427人を分析対象回答数とする「デュアルライフ(二拠点生活)に関する意識・実態調査」(リクルート住まいカンパニー2018年11月6日~13日)によると、4割は既婚で子あり。子育ての観点からも二拠点生活をする家庭は珍しくはないと言えるでしょう。

出典/「デュアルライフ(二拠点生活)に関する意識・実態調査」(リクルート住まいカンパニー2018年11月6日~13日)

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経DUAL

2020/02/27掲載記事を転載