手帳が合わない、使いこなせない…そんな悩み解決します

手帳が合わない、使いこなせない…そんな悩み解決します

2019/12/04

自分に合った手帳はどう選ぶ? ポイントを詳しく説明します

初めまして! 文具を中心とした情報サイト「フムフムハック」の編集長、やまぐちまきこです。今月からスタートする連載「文具愛、ひとすじ。」では、読者の方が思わず「あるある」と感じる文具のお悩みにお答えするほか、そんな使い方があったか! といった文具の活用法など、さまざまな文具を掘り下げてご紹介していきます。第1回は、今のシーズンにぴったりの「手帳」がテーマ。

 文具を中心とした情報サイト「フムフムハック」の編集長、やまぐちまきこです。タイトル通り、まさに「文具愛ひとすじ」の人生を送ってきました。

 幼い頃から絵を描くこと、アイデアを紙に書いてまとめることが大好きな子どもでした。学生時代は「いかに見やすいノートを作るか」に命をかける毎日。周りが可愛いペンを使う中、私は製図ペンや海外のグラフィックペン、カラーペンといった文具を使用。紙の書き心地だけでなくペンの色や太さ、紙との相性を追求しては、悦に入っていました。

 また、筆記具のインクの経年劣化を数年単位で調べ続けていたり、テープ糊のくっつきやすさや素材による粘着度の違いなどをとことん調べたり……と、文具の使い方の比較や分析も得意としています。そうやってコツコツため続けた文具コレクションは、ついに5000点を超えました。

 そんな文具愛ひとすじな私がご紹介する1回目は、今のシーズンにぴったりの「手帳」。毎年この時期になると、来年使う手帳を準備する人も多いのでは?

 お気に入りの手帳シリーズを毎年使っている人、新作手帳を試してみる人…と好みは人それぞれ。手帳にまつわる悩みも人それぞれあると思います。今回は、そんな手帳「あるある」なお悩みと共に解決策をご紹介。参考にしてみてくださいね。

<目次>「手帳」のお悩み解決します!
1)毎年新しい手帳を買っても、最後まで書けず続けられません
2)1冊で仕事とプライベートの予定を見やすく管理するには?
3)デジタルとアナログ、どうやって両立すればよい?
4)手帳と一緒に使える便利な文具はありますか

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経doors

2019/11/29掲載記事を転載