碧野圭『野櫻家の選択』連載小説スタート!

碧野圭『野櫻家の選択』連載小説スタート!

2019/08/21

【第1回】保育園の謝恩会の打ち合わせをサボってキャンプに出掛けた帰り、息子の友達のママにばったり遭遇してしまい…

大手人材会社の営業企画部に所属している野櫻美紀。「仕事は大事、だけど家庭はもっと大事」をモットーとし、夫の和也、一人息子の勇斗とともに明るく穏やかな家庭を築いている。

夫婦ともに仕事も順調、家庭も順調、将来については何の不安もない――と思われていた野櫻家において、勇斗が小学校に入学する前後のタイミングで次々に試練が訪れ、家族の生活は思わぬ方向へ舵を切ることに。

その時、「チーム野櫻家」が下した決断とは――。

『野櫻家の選択』 今回の主な登場人物

◆野櫻美紀(のざくら みき) 36歳 /大手人材会社の営業企画部に所属。夫とは学生時代のゼミで知り合った。明るく前向き、大雑把。マイペース
◆野櫻和也(のざくら かずや) 37歳/大手住宅メーカーの人事部に在籍。おおらかで人当りが良さそうに見えて、実は神経質で小心
◆野櫻勇斗 (のざくら はやと) 6歳/保育園年長クラス。早生まれで小柄。性格は父親に似ておだやかで争いごとは嫌い

 見慣れたホームセンターの青い看板の前を、車は快適なスピードで通り過ぎる。

 ここまで来ると、ああ、帰ってきたな、と野櫻美紀は思う。

 東京の西寄りの住宅地だから樹木や畑も残っているが、いままでいた千葉のキャンプ場のようなゆったりとした自然はない。住宅や店や駐車場などが目につく文明の世界だ。三日間の命の洗濯を終えて、そろそろ現実に戻る頃である。

「お腹すいたわね。夕食どうしよう?」

 美紀は家族に尋ねる。冬の日は短い。まだ六時前なのに、すでに辺りは夜の気配を漂わせている。

「なんでもいいよ。何か、買って行こうか?」

 運転している夫の和也は、前方を見たまま応える。和也は見た目よりも神経質な性質で、ハンドルを握ると絶対によそ見をしない。見ている美紀まで緊張するくらい、肩に力が入っている。

「僕、餃子が食べたい。担担軒の餃子」

 来年一年生になる一人息子勇斗(はやと)が、後部座席から話に割って入る。

「えっ、また?」

 勇斗のマイブームは駅前商店街にある中華料理屋・担担軒の「にんにく抜きさわやか餃子」だ。ここのところ毎週のようにリクエストしてくる。

「だって、食べたいんだもん」

「せっかくの休日の最後だし、どっか外食に行かない?」

 テイクアウトの餃子は忙しい時のお助けメニューだ。時間のある時や、外食できる時には使いたくない、というのが美紀の判断である。

「うーん、俺、一刻も早くシャワー浴びたい。この格好だし。俺も担担軒に一票」

 やはり、前を見たまま和也が言う。

「二対一じゃ仕方ないね。じゃあ、餃子にしよう」

 美紀の判定に、勇斗は「わーい」と声を上げる。勇斗が喜んでいるなら、まあいいか、と美紀は思う。食べるものにそれほどこだわりはないし、あれこれ考えるのも面倒だ。

 和也はハンドルを切って、担担軒のある駅前の方に向かう。

「車どうする? 店の前にはつけられないよ」

「脇道に停めておくから、美紀ちゃん、買って来てよ」

 大学時代の同級生だった頃のまま、美紀ちゃん、和くんとお互いを呼び合っている。パパとかおとうさん、というのは嫌だし、あなたというのも違和感がある。遊びに来る勇斗の友だちは、その呼び方を聞くとへんな顔をするが、気にしても仕方ない。我が家は我が家だ。

 車をすっと脇道に入れて止める。和也の運転は確かだ。

「じゃあ、行ってくるね」

 助手席のドアを美紀が開けると、「僕も行く」と、勇斗もいっしょに車を降りた。

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経DUAL

2019/08/07掲載記事を転載
碧野圭『野櫻家の選択』連載小説スタート!