MBA留学 最も冷や汗をかき、ためになった授業とは?

MBA留学 最も冷や汗をかき、ためになった授業とは?

2019/05/15

留学期間の18カ月でどこまで「皮」をむけるか

元新聞記者で、現在スペイン・バルセロナでMBA留学中の竹本恵さん。第3回は、MBAで具体的にどのようなことを学んでいるのか、授業や授業以外の学びの場について教えてもらいました。竹本さんが最も冷や汗をかいた授業の中身は? 「世界一、予約が取れないレストラン」と言われた「El Bulli」(エル・ブジ)のオーナーシェフのフェラン・アドリア氏とESADEが共同で実施するコンペに参加し、最終選考まで進んだことや、アドリア氏から直接、経営について学んだという貴重な体験も紹介します。

入学の半年後に卒業時期を決める

 前回は主にMBA入学に関する内容をお伝えしました。今回は入学後の生活についてお話ししたいと思います。

 私が通っているESADE Business School(エサーデ)は履修期間を12、15、18カ月の中から選ぶことができます。個々の学生の希望に合わせて選べる柔軟性の高さが特徴です。ビジネススクールの中でも比較的、珍しい取り組みではないかと思います。しかも決める時期は入学後、半年以上たってからです。

 基本的には、最初の12カ月が必修で、15カ月の場合はインターンシップか留学、18カ月の場合はインターンと留学の両方ができる、ということになっています。必修期間が12カ月と言っても、9月に授業が始まり、おおむね3カ月からなる3つの学期をこなし、6月下旬には長い夏休みに入ります。12カ月卒業の人は2~3学期から選択科目を取り始め、夏休みに選択科目の集中講座を取るなどしてすべての単位を取り終えることになります。

 インターンや留学は必ずしなければいけないものではなく、例えば私は18カ月卒業ですがどちらも予定していません。必修が終わった後は、起業に向けた自分のビジネスに充てる時間にしたいと考えています。

 日々の生活で言うと、毎日の授業は朝10時から始まります。11時半から30分の休憩を挟んで午後1時半まで、午後も同様に2時半から6時までになります。3時間半は長いです。そして長く感じる授業もあればあっという間の授業も。1学期の間は、月曜から金曜まで午前、午後共に授業が入っていることが多かったですが、2学期以降は週に2回ほどが午前・午後、それ以外は午前か午後のどちらか、といったイメージでいます。また、火曜と木曜は午後6時すぎから8時半まで、スペイン語の授業があります。