成毛眞 発音や文法じゃない グローバルで勝つ人の特徴

成毛眞 発音や文法じゃない グローバルで勝つ人の特徴

2019/07/31

英語が話せるかどうかより、「その人自身が、仕事ができるか?」「ビジネスパートナーとして信頼できる人物か?」が重視される

英語が話せない日本人、と劣等感を抱く必要はなし

 1991年から9年間、マイクロソフト日本法人の代表取締役社長を務めた成毛眞さん。「Windows 95」の爆発的なヒットを仕掛けた立役者であり、ビル・ゲイツなどの世界の名だたる成功者とも渡り合ってきた経験を持つ。

 外資系企業のトップとして、グローバルな活躍をしてきた成毛さんだが、意外にもマイクロソフトに入った当時は英語がほとんど話せず、シアトル本社への出張をするようになってから現場で覚えたという。

外資系企業のトップとして、グローバルな活躍をしてきた成毛さん

 そうした実体験をもとに書かれた著書『日本人の9割に英語はいらない』では

「英語は単なるビジネスツールのひとつに過ぎない。形ではなく、中身が肝心」
「英語が話せないからと日本人は劣等感を抱く必要はないし、むしろ英語圏の人が習得しづらいほど唯一の言語を使っているのだと、誇りを持ってもいい」

 などの言葉がつづられており、英語へのコンプレックスを抱きがちな日本のビジネスパーソンに勇気を与えている。

 英語ができなくても実際に海外で活躍できるのか? 外国人とビジネスの場で対話をする際に心掛けたほうがいいこととは? 成毛さんに話を聞いた。

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経ARIA

2019/07/16掲載記事を転載
成毛眞 発音や文法じゃない グローバルで勝つ人の特徴