AI美容部員「エリカ」のカウンセリングを受けてみた!

AI美容部員「エリカ」のカウンセリングを受けてみた!

2020/10/21

新連載 ビューティーテックの世界 12万点中から自分に合うスキンケアを見つける

昨今、スキンケアやメイク、ヘアケア、ヘルスなど、美容に関わる分野のテクノロジーが進化しています。今月からスタートする「ビューティーテックの世界」では、IT×美容をテーマに、私たちの生活をより便利にするアプリやシステムなど、最新のビューティーテック情報をお届けします。第1回は、約12万点のスキンケアコスメの中から自分の肌に合うものをピックアップしてくれるアプリ、「AI美容部員」にフォーカスします。

顔写真の撮影不要でスキンケア相談ができる

 「自分の肌に合うスキンケア化粧品が欲しいけど、どれがいいのか分からない」「ブランドがありすぎて選べない」「カウンターで美容部員に相談したいけど緊張する……」、そんな悩みを抱えていることはありませんか?

 それもそのはず。現在、日本国内には、約12万点を超えるスキンケアコスメが存在しており、店頭販売されているものからECサイト専用品まで、多種多様。これだけの数の中から、自分の肌に合う化粧品を探すのは、容易なことではありません。

 そんな悩みを解消すべく誕生したのが、スキンケアAIパーソナライズサービスの「AI美容部員」(2020年10月1日よりサービス開始、対応OSはiOS13以上)です。AI美容部員は、アプリを通じて、スキンケアのカウンセリングが無料で受けられるサービス。チャット形式で質問に答えていくだけで、約12万点の化粧品の中から、自分の肌に合うアイテムだけをピックアップしてくれます。顔写真の撮影やアカウント情報の登録は不要なので、手間がかかりません。

 とはいえ、スキンケアコスメは、肌に直接使うもの。AIの診断に任せていいのか、ちょっと心配になりますよね。そこで、コスメコンシェルジュの資格を持つ日経doors編集部のNが開発者のエーアイエージェント代表、松本剛徹さんを直撃! AI美容部員アプリの使い方や開発の背景など、その実力に迫ります。

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経doors

2020/10/16掲載記事を転載