読者の「通勤スタイルのリアル」こだわりは何?

読者の「通勤スタイルのリアル」こだわりは何?

2018/10/02

置きジャケ、置きパンプス リュックも人気

 皆さんは、どんなファッションで通勤していますか? 自分の好みだけでなく、業種やその日の予定などに合わせてスタイルを変えているという人が多いのではないでしょうか。通勤スタイルのこだわりについて聞いてみました。

【アンケート概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2018年8月1日~8月31日
◎有効回答数:460人

パンツ派? スカート派? 着用アイテムへのこだわり

 一口に通勤スタイルといっても、スーツからワンピースまで千差万別。どんなアイテムを愛用しているのか紹介します。

<スーツ>

◆ スーツ、またはスーツに準じた服装で、ジャケットは常に持っています。スーツでダサくなるのは嫌なので、きちんとしつつも個性的なシャツを着用したりしています(34歳、保険、総務)

◆ 上下そろいのスーツで何を着るか迷わないようにしています(32歳、金融、営業)

◆ スーツ通勤です。黒でも、型押し模様が入っているものなど、おしゃれに見えるものにしています(36歳、サービス、専門職)

<パンツ>

◆ ほぼパンツスタイル。センタープレスのものが多い。顔が明るく見えるよう、トップスは明るい色のものを着ている(25歳、教育・学習支援、専門職)

◆ パンツスタイルが多いですが、スカートに挑戦したいです(33歳、医療福祉関連、秘書)

◆ 外勤が多いので、スカートははかない。どんな場所に行くか分からないので(40歳、医療福祉関係、専門職)

◆ 動きやすいパンツスタイル。歩きやすいウオーキングシューズを履きたいため、ウオーキングシューズでも違和感がない服(31歳、教育・学習支援、接客)

<スカート>

◆ 膝下ふんわりスカート+5分丈くらいのブラウス。会議があるときは、自分が多くの人の前でプレゼン等をするなら白。議事録を作ったり、進行役ならネイビー。その日の決裁者の好きな色を身に着けておく(37歳、情報・IT、マーケティング)

◆ キレイめ系、上品な格好をあえてするようにしている。必ずスカートをはく(40歳、技術職・コンサルタント)

<ワンピース>

◆ ワンピースをよく着ています。服の組み合わせを考える時間が減って朝の時短になります(34歳、卸売・流通、秘書)

◆ 主にワンピースです。ある程度かしこまって見えるし、毎朝服を選ぶのも、着るのも便利だからです。外出する際はジャケットを羽織り、社内にいるときはカーディガンかストールです(35歳、サービス、広報)

◆ 昔はジャケットにパンツでしたが、30歳を過ぎて近寄りがたい雰囲気と思われないようにワンピースになりました(34歳・学術研究・技術サービス、総務)

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経ウーマンオンライン

2018/10/02掲載記事を転載