朝活のプロがすすめる3冊 読書会の参加者にも好評

朝活のプロがすすめる3冊 読書会の参加者にも好評

2019/01/16

朝活の第一人者・池田千恵さんをつくる3冊

 日経ウーマンオンラインの人気連載「じぶん商品化戦略」を執筆中の池田千恵さんに、おすすめの本を紹介してもらいます。池田さんは朝活の第一人者で、代表取締役を務める会社名は「朝6時」。企業や自治体に朝活勤務を導入するコンサルティングも行っています。今回は、池田さんが定期的に行っている朝の読書会で、参加者に好評だった3冊を教えてもらいました。


人生のバイブル、何度も読み返したくなる本

『原因』と『結果』の法則」(ジェームズ・アレン著 サンマーク出版)

 イギリスの哲学者ジェームズ・アレンの「『原因』と『結果』の法則」(サンマーク出版)は、私のバイブルとも言える本で、今までに数え切れないほど読み返しています。1902年に著された自己啓発書で、世界中で1世紀以上にもわたり読まれ続けているロングセラーです。この本が伝えているのは、まさにタイトルに凝縮されている通り、ある結果には必ず原因があるという法則です。今の自分の環境は、自分がまいた種によって生まれているということをさまざまな例を挙げながら解説しています。

 この本を初めて読んだ時、私の心に響いたのはこのフレーズです。

「良い思いや行いはけっして悪い結果を発生させませんし、悪い思いや行いはけっして良い結果を発生させません。これは、トウモロコシからはトウモロコシ以外のものはけっして成長しないこと、あるいは、イラクサからはイラクサ以外のものはけっして成長しないことと同じくらい明らかなことです」

 何かつらいことがあったとき、今の環境をイヤだイヤだと思うけれど、この環境は自分の心がまいた種によって生まれているのだ。だから、私の心持ちを変えよう、と決心すると道が開けていくことを何度も経験しました。いろいろな経験をした後に読み返すと、「あの時の出来事はそういうことだったのか」とあらためて過去の出来事が心から理解できます。また、その時々で見え方が変わるので、新しい発見もあります。何回も繰り返し読みたい本です。

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経ウーマンオンライン

2018/12/17掲載記事を転載