副業の希望者必読 本業を生かすか 異分野に挑戦するか

副業の希望者必読 本業を生かすか 異分野に挑戦するか

2019/08/29

「何をするか」が超重要、成長できて、楽しく、長続きする副業はどう選ぶ?

主要企業の5割が副業を解禁し、政府も副業を推進する中、日経doors読者アンケートでは、回答者の98%が「副業に興味がある」と回答しました。「周りに副業をしている人がいる」という人は66%も。日本FP協会の今年2月の調査によれば、働く女性の4人に1人が副業をしていることも分かっています。この特集では、今後ますます増える副業との付き合い方を、実例をたっぷり交えながら探ります。あなたにとってベストな副業スタイルを見つけられるはずです。第1回では、これまでの常識にとらわれない、新しい「副業」の姿に迫ります。

自分にとってのメリットをどう最大化するか

 「副業をやってみたいと思う人、手ェ~挙げて!」と言ったらほぼ全員が手を挙げる時代が到来しました。中には、副業の内容を考えている人や副業を始めている人もいるでしょう。

 この特集では、副業と本業を両立している7人の実例を紹介していきます。彼ら、彼女らの話から、「副業は人生を変える」と実感できるはずです。「自分の可能性は未知数だから、本業の枠だけに閉じ込めておくことはできない」「やりたいことがあり過ぎる」……、そんな人たちの中には副業の世界に飛び込み、実績を積み始めている人がたくさんいます。本業勤務先が副業を認めているならば、人生100年時代を見据えるという意味でも、副業は大いにアリです。

 でも、注意も必要です。副業は軽い気持ちで始めてしまうこともありますが、どうせ始めるなら、しっかり考えて、できるだけ無理なく、楽しく、長く続けられる副業を選びたいもの。では、自分にとってメリットの大きい副業とはどんなものでしょう。ここではまず「自分とのブレスト」に使える情報を紹介します。

ここから先は日経WOMANキャリアへの
会員登録(無料)が必要です。

Provider

日経doors

2019/08/19掲載記事を転載
副業の希望者必読 本業を生かすか 異分野に挑戦するか