ランキングだよー

「人を活かす会社」調査は、さまざまな角度から人材を活かす企業とは何かを探るため、
50の調査項目を「雇用・キャリア」「ダイバーシティ経営」「育児・介護」「職場・コミュニケーション」の
4つの評価軸に割り振って分析したもの。
多様な人材の育成や活用、ワークライフバランス、健康管理・職場環境への対応など、
女性が働く上で気になるポイントを含む幅広い項目について企業に尋ねました。
ランキングには、働きやすい環境の下、社員を活かす仕組みづくりに注力する企業が並んでいます。
自分の希望する職種で才能を伸ばすことができる企業はどこか?気になるランキングを今すぐチェックしましょう!
あなたが活躍できる会社を探すヒントになるはずです。
クチコミとは違う第3者の視点でチェックすることができます。

  • 総合ランキング総合ランキング
  • 女性平均勤続年数女性平均勤続年数
  • 女性課長数女性課長数

会社を選ぶ上で気になる「正社員平均年間給与」「社員年間所定外労働時間」のほかに、
働くパパ&ママにとって働きやすい会社かがわかる「育児・介護」ランキングや、「女性の育児休業制度利用実績人数」など続々ランキングは更新していきます!

調査の概要

「人を活かす会社調査」とは 《調査の概要》

人材の採用・育成意欲向上など、さまざまな視点から人を活かす企業とは何かを考える日本経済新聞社、日経HR、日経リサーチの共同企画で、前身の「働きやすい会社アンケート」を含めると今回で13回目。調査は企業とビジネスパーソンを対象に実施した。
企業編は上場且連結従業員数1000人以上の企業と、それらに準じる有名企業の計1654社を対象に、2015年6月から7月にかけてアンケート調査を実施、454社から有効回答を得た。企業編では、採用・人材登用、女性やシニア、外国人など多様な人材の育成や活用への取り組み、人事評価などの状況、ワークライフ・バランス、健康・職場環境への対策、社内外でのコミュニケーションについてたずねた。
持ち株会社が調査対象となった場合は、原則中核となる事業会社の回答を採用。
ただし、一部企業はグループでの回答を採用した。
なお、有力な企業でもアンケートを回答を得られず、ランキング対象外となったところがある。
また、対象企業でもアンケートの回答項目の不足から、その分得点が低く出たケースもある。
ビジネスパーソン編はインターネットを通じて日経リサーチアクセスパネル約11000人を対象に2015年7月22日~27日にかけて実施。企業向け設問と対応した計66の設問について、重視度を尋ね、1223人から回答を得た。男女・年齢構成比は、労働人口に準拠してウエイトバック集計をしている。