デロイトトーマツ

自分自身の成長と会社への貢献を実感できるのが何よりもの魅力

人事戦略コンサルティング第一本部シニアコンサルタント/大学卒業後に、大手コンサルティングファームに入社。システムコンサルタントとして活躍。2010年トーマツイノベーションに入社。コンサルタントとして数年従事した後に、営業企画を担当。

自分の想いを実現できるフィールドだと予感

新卒で入社したのは、大手コンサルティングファームでした。実家が自営業を営んでおり、経営者である父の悩む姿や苦労を、幼い頃から見てきました。そんな経営者の支援ができるコンサルタントになりたいと考え、前職を選びました。

1年目に配属されたのは、システムコンサルティングの部門でした。最初に担当したのは大手リース会社の会計システムの運用・保守業務。その後、大型システムの開発案件に上流工程から参画し、要件定義のサポートからシステムの精査、設計・開発までをひと通り経験しました。在籍した会社がベンダー数社を取りまとめる立場であったので、プロジェクトの全体像を把握し推進していく力を付ける、良い経験でした。ただ、あまりにもその規模感が大きく、自分の仕事が企業の課題に対してどう貢献ができたのか、いま一つ手応えがつかめないという想いを一方で感じていました。

そんな中、当社を知ったのは、まさに偶然でした。日々他社の情報を収集している中で、たまたま当社のホームページを目にしたのがきっかけです。当社の事業内容と、社員一人ひとりが成長意欲を持つ社風を知り、強く惹かれたことを今でも覚えています。私が実現したかった理想の仕事が、ここにある。そう確信し、転職を決意しました。

入社後、未知の分野に積極的に挑む

入社当時、心がけていたことは、クライアントや上司から頼まれた仕事をいかに正確、かつスピーディーにアウトプットするかということ。「時間がなかった」「スキルがなかった」などということを言い訳に、絶対に妥協だけはしたくありませんでした。

そのかいもあり、自分の能力をストレッチさせてもらえるような案件や業務を、与えてもらえたことはうれしかったですね。入社後数年で、企業内研修やコンサルティングも任せてもらえるようになり、今まで経験したことのないようなテーマを多数経験してきました。たとえ未経験の分野だったとしても、常に仕事の量・質ともに高い基準を求められる。そんな環境だったからこそ、自分自身の成長を日々実感することができたのだと思います。

コンサルタント本来の「チカラ」を最大限発揮させる、その仕組みづくりに全力で取り組む

1年目はコンサルタントとしての現場経験を積み、2年目にはリーダーとしてメンバー育成にも関わりました。その後、出産・育児休暇を取得後、新規設立部署である「企画推進部」へ配属となりました。現在は、クライアントにサービスを提供しやすい営業の仕組みづくりや、より価値提供につながるサービスの改善を行い、それを現場に展開する役割を担ってます。

例えるなら、コンサルタントが手探りで走っているオフロードを、全力で走れるよう先手を打ち、環境を整備・改善する仕事です。新たに構築した仕組みによって、コンサルタント一人ひとりが持つ本来の「チカラ」を最大限に発揮させ、営業効率が上がることによって成果につながることが、一番のやりがいだと感じています。

トーマツ イノベーションの求人情報へ