長く働ける魅力満載!「離職率5%以下」
企業特集

企業選択には「離職率の低さ」も重要!

「日経キャリアNET」には従業員の離職率が低い企業を掲載しています。以下は「離職率5%以下」の企業の求人情報です。離職率とは企業の従業員数に占める離職者数の割合のこと。厚生労働省の「雇用動向調査」によると、2018年の離職率の平均は14.6%(全産業、常用労働者)であり、過去3年間14~15%台で推移しています。離職率が5%以下は、一般的にその割合が低い企業といっても過言ではないでしょう。

従業員が辞める理由には、どのようなことがあるのでしょうか。雇用動向調査によると転職者が前職を辞めた理由としては、「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」「給与等収入が少なかった」「会社の将来が不安だった」「職場の人間関係が好ましくなかった」の項目の割合が高くなっています。離職率が低い企業は、これらの“辞める理由”が少ない企業とも考えられます。従業員にとって働きやすい制度や人間関係が良好な職場環境などがあり、企業や仕事への満足度が高い企業といえます。

近年、人材採用と同じように従業員の離職抑制(リテンション)を重視する企業が増えています。離職率が下がることで、採用にかける費用を抑えられるメリットなどがあるためです。転職者にとっては、せっかく志望する企業に入社しても働く環境が整っていなければ、長期にわたって活躍することは難しくなります。転職先を選ぶ際、仕事内容や勤務地、給与などのほか、離職率の低さも選択項目に加えてみてはいかがでしょうか。

エリアで絞り込んで転職・求人情報を探す

「離職率5%以下」求人特集の検索結果

  • 職種:

  • 勤務地:

  • 業種:

  • その他特長:

  • 希望年収:

    以上
  • 新着・更新:

       

    キーワード:

       

求人件数: 650  1~50件目を表示中

求人件数:650