ENGINEER CAREER

エンジニア キャリア積極採用企業特集

次世代の日本の行方を担うキーマン
それは「技術×ビジネス」の最前線で活躍するエンジニア

自動車、金融、医療・健康などの業界の垣根を超えて、AIやIoTなどによるテクノロジーの進化が、様々な産業の構造やビジネスモデルに劇的な変化をもたらしています。
そのビジネスと技術の「クロス領域」で起こるイノベーションの最前線で活躍するエンジニアは、目まぐるしく変化する経営環境の下、激化する競争を勝ち抜くために、あらゆる分野の企業から必要不可欠な人材となり、労働市場での付加価値は高まるばかりです。

最近では、高度なスキルを持つ若いエンジニアへの高額年収の提示が話題になるなど、IT業界を中心に若年層の転職による賃金アップは、日増しに現実味を帯びています。厚生労働省の2018年の雇用動向調査では、転職で賃金が増加した人は37%と過去10年で最も高い割合を占め、年代別で最も賃金が増加したのが20~24歳の48.6%という結果も出ています。

日経キャリアNETでは現在、エンジニアを積極的に採用している企業を特集しています。求人情報を細かくチェックしていただき、今後のキャリア構築の実現につながる、よりよき企業を選び出してください。

モビリティ

自動車関連ビジネスにおいて、電子化やコネクテッド化は様々なメリットを生み出しています。自動運転車やコネクテッドカーの実用が本格化する今後は、自動車業界の競争力の根源は「CASE:Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字を取った造語」に移っていくと言われています。
大手の調査会社(矢野経済研究所)の調査によると、国内のMaaS市場の規模は2030年に6兆3000億円に達するとの予測もあります。そんな自動運転時代をけん引するエンジニアは、モビリティ業界の発展や成長を主導する核となる人材としての活躍が期待されます。

IoT

世界中の様々なモノがインターネットへつながるIoT時代が到来し、社会や経済に大きな変革をもたらしています。大手の調査会社(IDC Japan)は国内のIoT市場の規模は2023年には約12兆円にも上ると予測しています。驚異的な成長速度を遂げている背景には、業界の枠を超え、様々な分野で活用の度合いが広がっていることが伺えます。
今後の高成長が予測される分野としては、コネクテッドカーの普及でIoT化の進展が目覚ましい「自動車・輸送機器」、デジタルヘルスケアの市場が拡大する「医療」、スマート工場やスマートシティーが拡大する「産業用途(工場、インフラ、物流)」などが挙げられています。IoT市場を担うエンジニアは、今後の日本の社会や経済の変化に大きく寄与するキーマンとしての注目が集まります。

AI

経済産業省の試算によると、先端的なITを担う人材が、2030年には55万人が不足する恐れがあるとされ、AIにおいては12万人が不足すると予測されています。そんななか政府は先ごろ、2025年までにAIの基礎知識を持つ人材を年間25万人育てる目標が掲げ、国を挙げた人材育成が推進されていきます。
AI関連の専門人材の争奪戦は過熱する一方で、金融や不動産業界では求人数の伸びがひときわ高いという数字も出ています。あらゆる企業で採用意欲が高まるAIなどの開発を担うエンジニアは、日本の産業を支える人材としての市場価値も非常に高くなっています。さらに高度な技術を持つエンジニアは、日本だけではなく海外の企業も触手を伸ばすようなグローバルレベルで必要とされていきます。

「エンジニア」キャリア採用特集の検索結果

  • 職種:

  • 勤務地:

  • 業種:

  • その他特長:

  • 希望年収:

    以上
  • 新着・更新:

       

    キーワード:

       

求人件数: 66  1~50件目を表示中

求人件数:66