「やりたいこと」にチャレンジ!
「第二新卒可」
求人特集

募集・採用の特長から求人を探す

20代が前提となる「第二新卒」に熱い視線

若者の3割が3年以内に会社を辞める――。厚生労働省の新規学卒者の在職期間別離職率の推移を見ると、2015年から過去20年間の大卒3年以内離職率は、ほぼ30%を超えています。転職市場では今、この「3年以内に会社を辞めた人材」に当てはまる「第二新卒」に、企業が熱い視線を送っています。

求人情報で、職種名などの欄に見かける「第二新卒可」の文字。「第二新卒」の定義は特に明確にされているわけではありませんが、一般的には「大学を卒業してから3年程度の人材」を指すことが多いです。企業によっては20代後半までの方を対象にしているケースもあります。

企業は第二新卒のどのような点に魅力を感じているのでしょうか。主に下記のようなポイントが挙げられます。

・必要最低限のビジネスマナーを身に付けている

・固定観念にとらわれない柔軟性がある

・年齢的に可能性があふれている

新卒で企業での就業経験があるということは、ビジネスマナーを一から教える必要がなく、採用後すぐに実践に入れます。また、経験の浅さや若さについては、「仕事に対する考え方や進め方に固定観念がなく、自社の風土や慣習に適応しやすい」「今後の成長次第では中核事業や新規事業を任せられる可能性がある」と前向きに捉える傾向にあります。

第二新卒の方が応募する際、「新卒で入社した会社を3年以内に辞めてしまった」ことをマイナスにとらえがちです。確かに「石の上にも三年」という言葉を例に、忍耐力のなさを指摘されることもあるでしょう。

そうした声を受け入れつつも、前職から逃げ出したわけではなく、前向きな理由(自分の成長や市場の可能性など)で離職したことを強調するようにしましょう。自分を飾ることなく、新たな場での活躍を心待ちにしているといった気持ちを前面に出すことを心がけましょう。

「第二新卒可」求人特集の検索結果

  • 職種:

  • 勤務地:

  • 業種:

  • その他特長:

  • 希望年収:

    以上
  • 新着・更新:

       

    キーワード:

       

求人件数: 1875  1~50件目を表示中

求人件数:1875