ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職天気図

グリー 原 孝幸氏

グリー 原 孝幸氏
photo

いわば第2の創業期
各部門で積極採用

グリー
人事
原 孝幸(はら・たかゆき)

[PROFILE]

2003年9月、慶応義塾大学環境情報学部卒。広告会社に入社し営業、マーケティングに携わる。05年11月、グリー入社。企画、営業などを経て、06年5月から人事担当。

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)への参入で大きく会員数を伸ばしたグリー。事業拡大に伴って、「1人1部署、1事業」のような体制からチーム制に組織の作りかえを進めているという。人事担当の原孝幸氏に聞いた。

 これまでの当社は、経営陣と現場のみ、いわば1人1部署のような体制でした。事業が拡大するとともに1人でなんでもやるには限界があり、間にリーダーを置くチーム体制に作り変えています。これは今年6月の決算後、明確に打ち出した方針です。

 背景にあるのはモバイルSNS「EZ GREE」を06年11月にスタート、その後、1カ月間に会員が50万人増え、11月現在で270万人まで増えたことです。

 現在社員数は53人(その他アルバイト17人)ですが、あと30人の採用を考えています。ウェブ系やネットワーク系などの各種エンジニアを筆頭にコンテンツディレクター、編成(企画)、広告企画、デザイナー、メディアセールス(代理店営業)、経営企画、事業開発、財務、経理、法務などあらゆる部門で人材を募集しています。

 08年前半をめどに、毎月、数人の採用をしていますが、その後は必要に応じた採用になる予定です。

 これまでは何でもやるという意気込みを買っていたところもありますが、現在は必須の経験・能力と、望ましい経験・能力を分けてはっきりさせ、専門性をきちんと評価し、任せる仕事をきちんとできるかどうか評価しています。

 大企業から当社に転じた人が志望動機として挙げるのは、「2、3年では自分の仕事の役割が変わりそうもない。環境を変えたい」ということです。当社では事業責任を含め、任せていきます。仕事での成長という意味では、十分、その思いをかなえることができるでしょう。

 ただし面接の早い段階でお話していますが、年収は下がることがあります。個人の現収入をもとに決めるのではなく、当社の同レベルの仕事をしている人とのバランスのほうを重視しています。給与として社員に還元するのは、継続成長ができてからと考えています。

 同じベンチャー企業の出身者は扱うビジネスの大きさに、やりがいを感じてくれているようです。また単一コンテンツで勝負するのではなく、グリーという数百万人の会員のいるプラットホームがあることが強みです。つまり流行を横目に競合コンテンツと競うばかりでなく、グリーのコンテンツ同士の横の連携を考えながら仕事に取り組めることが魅力になっていると思います。

 同業界ばかりではなく、事業開発などでは金融業、コンサルティング業界出身者も入社しています。ウェブについて経済誌などで勉強するようなスタイルではとまどうかもしれませんが、自分で使って皮膚感覚で知っている人なら、課題を見つけ取り組んでいくべきところはたくさんあると思います。

 まだ会社設立3年の若い会社なので、まだまだ組織作りに参加することもできるし、そうした意識のある人は歓迎しています。

転職天気予報  2007年(晴れ)→2008年上期(晴れ)

求める人物像

ウェブアプリケーションエンジニア

上流、下流一貫して、サービスの要件定義から設計、開発、運用まで1人でウェブサービスの開発を完結。オブジェクト指向プログラミングの知識。Linux/RDBMSの知識が必須。

メディアセールス

代理店と連携しながらインターネット広告や法人向け商品の企画、提案、営業を担当。営業または広告・マーケティングでの実務経験が必須。企業への提案が大切なため、プレゼンテーション能力が問われる。

法務

サイトへの著作権などの問い合わせから、各種契約書の契約前のチェックなどを担当。内部統制の確立や内部監査の遂行を通して、ベンチャー企業の成長を支えていけるような安定した経営管理部門の構築。企業の法務部門経験者や法律知識を体系だって身に付けた若手パラリーガルなど。