ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職天気図

比較.com 岩館 徹氏

比較.com 岩館 徹氏
photo

1人の仕事の幅が広いITベンチャー
新サービスの立ち上げに貢献できる人材に期待

比較.com
経営企画室 室長
岩館 徹(いわだて・とおる)

[PROFILE]

1980年生まれ。2002年3月法政大学法学部政治学科卒業後、UFJ信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行。05年9月比較.com入社、経営企画室配属。06年6月から同室室長。
企業サイト http://www.hikaku.com/

 スピードが早いといわれるITベンチャーの中でも、設立わずか2年7カ月で株式上場した比較.com。あらゆるジャンルの商品やサービスを比較するコンテンツに特化し、今では50種類以上のカテゴリーを備える。同社で人事・採用を担当する経営企画室室長岩館徹氏に、ITベンチャーの今後の展望や求める人物像について聞いた。

引き続き市場は拡大基調、今後は法人向けサービスにも注力

 まず応募者には営業、エンジニアを問わず、ベンチャー企業に入社するという気概を持ってほしいですね。組織の小さいベンチャー企業では、大企業とは異なり、仕事の幅に制限というものがありません。自ら自分のポジションを作るという意識が大切です。1人ひとりに与えられる権限も大きく、意欲ある人にとってはこの上なく面白い環境になるでしょう。

 IT、特に当社のようなWeb系では、光ケーブルの普及などによるブロードバンド化、ネットユーザー数の増加などにより、引き続きネット広告市場は拡大基調にあると見ています。近年、Web2.0が話題になっていますが、それにより価格情報だけではなく、口コミ情報や評価リポートなど、ユーザー主体の情報を見せてゆくことがトレンドになっています。

 こうした情勢を踏まえ当社では、2007年6月までに会員向けサービスを導入する計画です。ユーザーの基本的な属性情報などを取得することで、例えば新婚のユーザーに生命保険やマンションのサービスを紹介するといったことが可能になります。

 もう1つ考えているのが、法人向けサービスの充実です。これまでは旅行や家電製品など個人向けサービスを重視してきましたが、最近、研修会社を比較するコンテンツを立ち上げ、企業の人事担当者向けサービスを開始しました。

すべて自社開発、幅広い技術力が身に付く

 次々と新サービスが立ち上がってゆく中、当社は毎年急ピッチで人材を採用しています。2006年には12人を採用し、2007年は約50人を採用する計画です。内訳はエンジニア、事務系半数ずつ。当社社員の年齢構成は社長の35歳を筆頭に全体的に社員の年齢は若く、平均年齢も約27歳です。特に年齢制限は設けていませんが、20代半ばから20代後半の方の応募が大半を占めています。

 ITベンチャーの中で比較的知名度の高い当社でも、エンジニアの採用にはやや苦戦しています。慢性的な売り手市場のエンジニアですが、特にWeb系の開発経験者は、どの会社でも即戦力として採用したい人材ではないでしょうか。

 そこで「今後はWeb系の仕事がしたい」という、Web以外の開発経験者が入社しています。仕事ではなく個人でサーバーを立ててプログラミングをしていた人を採用したケースもあります。Webの世界で最低3年間はがんばってみようと関心を持っている人なら、未経験者でも構いません。

 また当社はメンテナンスが容易であること、変更にスピーディーに対応できることから、すべて自社で開発しています。そのためソフトハウスなどで受託開発をしていた人にとっては、細部まで自分たちで作り込みができると好評です。

 1つの比較コンテンツを立ち上げる期間は1カ月から長くても数カ月。仕様書をもとにプログラミングをしていくほどの時間があるわけではないので、エンジニアにも積極的にサイトの企画に携わってもらっています。上流工程をやりたいという人に歓迎されています。開発はプログラミングからサーバー設定まで任せするケースが多いため、スキルの幅を広げることができる環境だといえます。

営業はポテンシャル重視、アイデアと企画力で判断

 営業は基本的に、出身業界不問のポテンシャル採用を行なっています。Web業界経験者は歓迎しますが、特にこだわっていません。むしろ旅行代理店出身者が旅行関連のサービスに経験を生かしたり、証券会社出身者が投資関連のサービスに関与するなど、異業種の経験を生かすケースがあります。

 ポテンシャルの判断材料は、応募者のアイデアと企画力です。面接でも「新しいサービスのアイデアを聞かせてください」、「当社サイトの改善策を聞かせてください」といった質問をしています。新サービスの企画を決めるために定期的に「全社コンペ」を実施しています。そうしたアイデアは投票を経て、新サービスとして立ち上がります。

 基本的に営業の仕事はどこでも同じだと思いますが、当社のサービスは形のないものですから、クライアントに対する見せ方に工夫を凝らす必要があります。自分自身がサイトの「プロデューサー」であるという意識を持って、仕事に取り組む必要があるでしょう。

 また組織が発展途上のため、チームリーダーを任せられる人も欲しい人材です。

 給与については年俸制をとっています。モデルケースはありませんが、前職の給与を参考に入社面接で相談しています。

転職天気予報  2006年(晴れ)→2007年(快晴)

求める人物像

Webエンジニア

PHPやPerl、データーベースを使用したサイトの開発を行うだけではなく、サイトの企画にも積極的にアイデアを出すことが求められる。エンジニアとしての業務範囲も、プログラミングからサーバー設定まで幅広い。

広告企画営業

広告枠を販売する営業力に加え、新サービスを立ち上げる企画力が問われる。旅行代理店出身者が旅行関連サービスの開発に携わるなど、これまでの経験を生かすケースもある。基本的に過去の経験にはこだわらず、ポテンシャルを判断して採用する方針。