新サイトオープンと日経キャリアNETサービス終了のお知らせ
日経の新しい転職サイト「日経転職版」オープンに伴い「日経キャリアNET」は、2021年1月14日(木)をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。終了までのスケジュール等はこちらをご確認ください。

転職市場を独自にウオッチ

最終選考までウェブで 新型コロナで変わる転職模様

最終選考までウェブで 新型コロナで変わる転職模様

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気の急減速が懸念されるなか、転職市場にも影響が現れ始めているようだ。求人企業、転職希望者双方の直近の動きや、転職の成功に向けてこの局面で実践しておきたいことなどを、人材紹介会社大手、JACリクルートメントの黒澤敏浩プリンシパルアナリストに聞いた(インタビューは4月上旬に実施)。

――新型コロナウイルス対策で外出自粛が始まってから1カ月以上が過ぎました。中途採用市場への影響をどうみていますか。

「直近の動きの前に、まずコロナウイルス問題が始まる前までの状況を説明します。転職市場は2016年から18年にかけて活況を呈した後、19年には転職者数の伸びが鈍化していました。製造業を中心に海外の貿易摩擦の影響を受けたことなどが背景にあり、日本人材紹介事業協会の統計によると、19年度上半期(4~9月)の当社を含む人材紹介会社大手3社による転職紹介人数は、前年同期比12%増どまり。同20%以上伸びた18年度上半期、下半期に比べると減速傾向でした。

転職市場は10年に1度『景気の底が来る』といわれていますが、前回の底がリーマンショック時の08年で、すでに10年以上が経過していながらまだ次が来ておらず、そろそろかなという状況ではありました」

「一方で、中途採用については足元の景気をダイレクトに反映するというより、3~5年程度の中長期的な自社のビジネス予測に影響を受けやすく、短期ファクターの影響はそれほど大きくないとされています。ただ、コロナウイルス問題が『短期要因』で終わるかどうかはまだ分からず、ウイルスをきっかけに景気の低迷が長期化する可能性もあります。各社では今後の経営計画及び採用計画の見直しに着手しているかと思いますが、中途採用市場が今後どうなるかは経営陣が向こう3~5年の景気をどうみるか次第といえるでしょう」

――足元の企業の動きはどうですか。

「当社の顧客企業は製造業、金融、IT(情報技術)などが多く、コロナウイルスの打撃が特に大きい観光・販売関連が少ないという事情を割り引く必要はありますが、意外なことに、現時点(4月上旬)で企業の中途採用活動自体はそれほど停滞していない印象です。3月ごろまでは『最終面接はコロナ禍が収まってから』と様子見する企業もありましたが、最近は(自粛体制が長引くとみて)最終選考までウェブで対応するようになった企業が急速に増えています」

「当社のクライアントの場合、4月前半時点で最終面接をウェブで実施するケースは、3月後半に比べ2.4倍に増えました。採用計画を見直した企業ももちろんありますが、計画通り進めている企業については、リモート面接の活用で当初計画どおりの採用が実施できているケースが多いのではないでしょうか。コロナ問題がいつ収束するか全く予測できない以上、企業としてもいつまでも様子見するわけにもいかず、最終選考までリモートという動きは今後ますます加速するでしょう」

コロナ禍が転職検討のきっかけに

――転職者側の動向は。

「社会全体が自粛モードに入り、企業の採用活動が止まったのではないかと懸念し、『今は転職活動を控えたほうがいいか』という問い合わせがある半面、転職相談のために初めてコンタクトしてくる人も増加しています。3月に実施した転職相談のウェブ面談数は1月に比べ4倍と大きく伸びました。在宅勤務などに急きょ切り替わった企業も多く、働き方や仕事を見つめ直すきっかけになっているほか、なかなか在宅勤務が認められなかった企業に勤める人が柔軟な働き方のできる企業に転職したいと活動し始めるケースも目立ちます」


JACリクルートメントの黒澤敏浩プリンシパルアナリスト

「今後の中途採用の求人が増えるか否かはまだ不透明ですが、中途採用環境が悪化した場合に備え、現在就いている仕事とは異なる業種・職種の仕事に転職したい人は今のうちに動いてしまうのも得策かもしれません。通常、企業は経験者を求めますが、好景気で転職においても『売り手市場』の時代は、経験者に限定すると人員補充ができないので、未経験採用にも門戸を開く企業が増えます。今後、景気が悪くなれば、業種、職種とも経験者に限定されていく可能性があります」

――この状況で転職を検討する場合に注意したいポイントは。

「非常時ではありますが、転職についての注意点は平常時と同じで、必ず転職先の内定をもらってから今の会社を退職するというのが鉄則です(体調悪化など一部の例外は除く)。転職の際の年収は基本的に前職と同水準をベースに交渉していくという企業が多いですが、先に退社し無職になってしまうと、転職先企業が比較するベースが『無給』ということになります。前職より年収が下がったとしても『ゼロよりまし』とみなされ、不利な状況に追い込まれかねないので、必ず退社するよりも先に内定をとることを強くおすすめします」

――転職希望者が今、学んでおくと良いことはありますか。

「何か新しいことを勉強するより、担当している業務の専門分野を深めると良いでしょう。外出が難しい日々が続く中、空いた時間で新しいスキルを習得したり、自身の属する業界の歴史を学んだりすることをおすすめします。仕事で使う分野のスキルはすぐに実践で使うことができるのに加え、関連知識が増えると、広い視野を持つことにもつながります。オンライン会議などの機会が増えていると思いますが、今後、長い目でみると、業務のオンライン化は確実に進むので、ビジネスパーソンとして慣れておくにこしたことはないです」

「中途採用のポジションは、個別性が高く自分に合った求人は1件あれば十分です。現在の自身の職業が『世間的に需要が少ない』『つぶしがきかない』とあきらめる必要はありません。希望のポジションがどういった企業、業種にあるか、これまでの経歴を最も評価してくれそうな企業はどこかなどを、転職エージェントなどの専門家と相談しながら、満足のいく転職活動を進めてほしいと思います」

黒澤敏浩
JACリクルートメント プリンシパルアナリスト。2002年ジェイエイシージャパン(現JACリクルートメント)入社。リクルートメントコンサルタント、人事・事業企画担当などを経て現職。専門分野はグローバルホワイトカラー中途採用マーケット分析。