ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

トップインタビュー

日本企業は中国市場のマーケティング戦略を見直しなさい/ファーイースト・パートナーズ株式会社

日本企業は中国市場のマーケティング戦略を見直しなさい/ファーイースト・パートナーズ株式会社

高いモチベーションの中国人材との架け橋に

012年7月北京にて日本の企業と中国政府との化粧品などについて戦略的パートナー契約を締結した 2012年7月北京にて日本の企業と中国政府との化粧品などについて戦略的パートナー契約を締結した

--中国人は働くモチベーションが高い人が多いですね。ご自身の会社も含めて説明してください。

 「一般的に中国人は高いキャリア意識を持ちます。前に述べた通り、中国の現地従業員は、すぐに辞めてしまうがどうしたものか? こんな悩みを抱える日本の中国現地法人は多いのではないでしょうか。中国の五月病は中間管理職に多い。中国の五月病は日本とはやや事情が異なります。当社では人材紹介サービスを行っていますが、例年3月から5月にかけて相談件数が増えます」

 「つまり、この時期の離職・転職が多いということです。中国では春節(旧歴の正月)後に生産ラインで働く従業員の離職が目立つことはよく知られています。中国での成功を考える日本企業にとって、五月病の克服がカギとなるのです」

--日本と中国の関係は、起業した10年ほど前と比較して、どう変わりましたか?

 「日中関係は悪くなったと見る人が増えていますね。これはマスコミ報道が偏っていて真実を伝えていないからだと思います。私の体験では、中国について悪い印象を持つ日本人は増えていますが、中国では、親日派の人が、多くなっています。また中国では、急速な経済発展から国営企業や国内企業への就職を希望する人が増えています。それでも就職難であることには変わりなく優秀な高学歴の人材はあふれています。今後、優秀な中国人材と日系企業を結び付けるために、日本の良さをアピールし続けたい。当社ももっと営業力がある社員を使って、中国、日本での顧客を獲得して、日本人の企業で契約を増やすことが課題です」

(本文中 敬称略 肩書き、会社データは2012年8月末現在)

ファーイースト・パートナーズ株式会社 代表取締役 http://www.j-fep.co.jp

最近の売り上げ

70億円(2011年)

従業員数

140人(正社員)

国内・海外拠点

国内 本社・埼玉県志木市 東京、千葉、埼玉など29店舗