ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職マーケット

2016年9月の転職マーケットレポート

2016年9月の転職マーケットレポート

今月は下記の業界/職種・エリアに関する転職マーケットの最新動向をレポート!

今月の業界

卸売・小売業・商業卸売・小売業・商業

コンビニSVの求人が堅調。シニア層の「店長採用」も増加へ

コンビニエンスストアチェーンでは各店舗のマネジメントを行うスーパーバイザー(SV)の採用が堅調です。流通業界の経験がなくても、営業やマネジメントの経験を生かして転身する例が多く見られます。コンビニ業界の新たな動きが「シニア活用」。ここ半年ほどで、FC店長としてシニアが活躍している事例が増加しています。従来はSVになることを前提とした採用が中心でしたが、「店長」としてシニアを採用する動きが広がっています。

»卸売・小売業・商業の求人一覧を見る
医療/介護・福祉医療/介護・福祉

医療機器業界では未開拓マーケットの拡大を担う営業を募集

医療機器分野では、外資系企業を中心に営業の求人が豊富。高齢化に併せて需要増が見込まれるものの、まだまだ未開拓の疾患領域向けの機器を扱う事業部では10~20人単位の採用を実施。新製品のマーケット拡大を担う人材を求めています。営業の経験があれば異業種からのキャリアチェンジも可能です。そのほか医療機器のマーケティング経験者のニーズも根強くあります。女性の活躍推進を背景に、女性の採用を強化する動きも活発です。

»医療/介護・福祉の求人一覧を見る

今月のエリア・職種

営業・販売①<総合>営業・販売<総合>

有形から無形へ。扱う商材を変える転職チャンスが拡大

好景気を背景に営業職の採用が活況。これまで「有形商品→無形商品」など商材を変える転職は、第二新卒などの若手以外にとってはハードルが高かったのですが、最近では若手に限らず転職の成功事例が増えています。中でも採用ニーズが高いのが広告会社。大手3社とも契約社員を中心とした営業採用を行っています。正社員登用の可能性があり、年収アップのチャンスもあるということで、異業界からチャレンジする人も多く見られます。

»営業・販売<総合>の求人一覧を見る