ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職マーケット

2015年4月の転職マーケットレポート

2015年4月の転職マーケットレポート

今月は下記の業界/職種・エリアに関する転職マーケットの最新動向をレポート!

今月の業界

食品・医薬・化粧品、素材食品・医薬・化粧品、素材

製薬各社がメディカル・サイエンス・リエゾンの採用を強化

 医薬品業界では、MRの求人が減少している一方、メディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)の求人が増えています。製薬各社が部門強化を図っており、MSLの経験がなくても近いバックグラウンドをお持ちの方にはチャンスがあります。食品業界では、品質管理体制が整ったことから、新たに攻めの戦略に打って出るメーカーが増加。企画・開発職の採用が活発化しています。加工食品、調味料、飲料、外食など幅広い領域・業態の企業が動いています。

コンサル・会計・法律関連コンサル・会計・法律関連

東南アジアへの進出を現地で支援するコンサルタントを募集

 コンサルティング業界では、東南アジアを中心とした海外進出を模索・検討する企業を支援するに当たり、コンサルタントを増強しています。これまでは進出先候補エリアのリサーチやマーケティングの業務が中心でしたが、現在は現地での取引先開拓や人材確保など、「進出後の成長」の支援にシフト。現地に長期出張または駐在して活動する人材が求められています。メーカーなどで海外営業を経験してきた方も採用対象となっています。

建設・不動産建設・不動産

営業の求人が引き続き活発。異業種からの転職者も多数

 建設・不動産の営業職採用は、売買仲介、賃貸仲介、土地活用、住宅、リフォームなど、いずれの分野も昨年度に引き続き、今年度も活発です。取り扱う商品が高額であるため、年齢的な落ち着きと社会経験を備えた人が評価、歓迎される傾向が見られます。他業界出身にも広く門戸を開いており、さまざまな業種の営業・販売経験者が転職を果たしています。特に高額商品を扱った経験を持つ方は親和性が高く、採用に至りやすいようです。

今月のエリア・職種

技術・設計、研究・開発技術・設計、研究・開発

機械・電気系エンジニアの求人は選択肢が豊富な時期

 メーカーによるエンジニアの採用は昨年度、数年ぶりの活況となりましたが、今年度もその流れは続くでしょう。年度の採用計画がスタートする4月は、採用枠が1年で最も多い時期といえます。多くの選択肢から検討するなら、この時期の転職活動がお勧めです。現在、特にニーズが高いのは組み込みソフトエンジニア、電気・電子制御系エンジニア。中でもモーターの制御を手がけた経験がある方は重宝され、業種を超えた転職も可能です。