ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職マーケット

2015年3月の転職マーケットレポート

2015年3月の転職マーケットレポート

今月は下記の業界/職種・エリアに関する転職マーケットの最新動向をレポート!

今月の業界

金融・証券・保険金融・証券・保険

金融リテール営業の求人が増加。銀行の採用が活発

金融業界の営業職の求人は年明けから増加傾向。特に銀行のリテール営業の採用が活発で、銀行・証券のほか生保出身の方にも門戸が開かれています。メガバンクの求人は動いていませんが、4月から一部のメガバンクが採用を再開する見込みです。このほか、政府系金融機関などで全国および地域限定の総合職を募集中。生保業界では多くの企業が代理店営業を採用しており、なかには100人規模の募集もあります。異業種からの転身も可能です。
卸売・小売・商業卸売・小売・商業

外食・コンビニの店長およびSV候補、塾の教室長の求人が豊富

小売り・サービス業界の店長およびSV(スーパーバイザー)候補の求人が増えています。特に外食、コンビニの採用が活発で、経営に関心が高い方はコンビニのFCオーナーの経営支援を担うSVに要注目です。新年度を迎える時期のため、学習塾の教室長の求人も多数、出ています。求人の全体的な傾向として業種を問わず、異業種出身者を歓迎していて、アパレル出身者は顧客への提案力が身に付いていると期待され、高い評価を受けています。

今月のエリア・職種

営業・販売(20代〜30代)営業・販売(20代〜30代)

人材業界や電気・電子・機械業界が異業界出身者を歓迎

 人材業界では法人向け営業や転職支援を行うキャリアアドバイザーの採用が非常に活発です。大手から中小企業まで動きがあり、異業界出身者にも門戸を開放。さまざまな業界を俯瞰して見たい方にお薦めです。広告業界では大手代理店が契約社員の採用に積極的。
電気・電子・機械業界では準大手〜中堅企業が営業(国内)を求めています。医薬品業界のMRの求人は下火ですが、近々に再開する可能性あり。医療機器の営業の採用は堅調です。