ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

転職マーケット

2015年1月の転職マーケットレポート

2015年1月の転職マーケットレポート

今月は下記の業界/職種・エリアに関する転職マーケットの最新動向をレポート!

今月の業界

通信サービス通信サービス

コンサル/大手SIerが上流工程経験者の採用に意欲的

 通信サービス分野では、インフラ設計・構築などの上流工程経験およびリーダー/マネジメント経験を持つ人へのニーズが引き続き高く、コンサルティングファームや大手SIerなどが常に門戸を開いています。特にセキュリティ関連の技術を持つ人は、トップクラスの大手への転職チャンスがあります。ビッグデータの分析に関する求人も引き続き増えています。運用・構築ができる人にとっても選択肢は豊富。独立系企業が採用に意欲的です。

情報処理・情報システム情報処理・情報システム

スマホ関連経験や各分野の業務知識を活かせる求人が多数

 アプリケーションエンジニアの求人は引き続き多く、「3月中に採用計画達成」を目指し、採用活動が活発化しています。スマホ関連の求人は増え続けており、プロジェクトマネジメントだけでなくコンテンツ企画や採算管理などができる方を求める傾向が見られます。また、製造/会計/流通など何らかの分野の業務知識があれば有利。特に金融関連の業務知識を持つ人は求人の選択肢が豊富です。最近では流通関連の求人案件も目立ちます。

コンサル・会計・法律関連コンサル・会計・法律関連

あらゆる分野のファームがエネルギー関連経験者を募集

 コンサルティング業界では戦略系、会計系、IT系の採用が活発です。2016年の電力小売り全面自由化を控え、各ファームは得意分野を生かすべくエネルギー分野を強化。新しく部門を設立する動きが見られ、これまでエネルギー関連ビジネスに関わった経験がある方にチャンスがあります。企業の東南アジアへの進出を支援するのに伴い、体制の強化が加速し、語学力(英語)を備える海外営業経験者を受け入れる動きも見られます。

建設・不動産建設・不動産

幅広い分野で営業求人が増加。特に不動産管理分野が活発

 建設・不動産の営業職求人は2014年春〜夏あたりから右肩上がりで増えています。売買や賃貸の仲介、土地活用、住宅、リフォームなど、いずれの分野も積極的に採用を行っています。特に不動産管理分野が活発で、専門企業のほか大手不動産会社や土地活用を手がける会社の管理部門などから営業、プロパティマネジャーの募集が出ています。全般的に、業界未経験でもホスピタリティーなど人物面を重視する傾向があります。

今月のエリア・職種

関西関西

転職市場が活性化。新年度の体制整備のための求人も

 関西エリアの求人市場は活発化しています。営業関連の求人においては、一時期ストップしていた案件も再度動き出しました。管理部門の採用では、決算時期に向けて経理職の求人も出てきています。年度の変わり目が近づいている今は、新年度の事業計画や組織構成の変革に伴い、普段は出ないような職種・ポジションの求人が出てくる可能性があります。3月になると多くの企業は新卒採用活動にシフトしますので、1〜2月に動くのが得策です。

営業・販売(40代〜50代)営業・販売(40代〜50代)

BtoBビジネスや海外関連、小売り分野で対象求人目立つ

 全般的に40代〜50代対象の求人が少ないなか、電気電子、機械、ITなどを中心としたBtoBビジネスでは、商材の知識や経験を生かして転職するチャンスがあります。また、アジアを中心とした海外向け営業や海外拠点のマネジメントの経験者、新電力関連の設備の営業の求人もあり、その分野の経験、施工知識のある方が歓迎されています。小売り分野では高級品を扱う専門店で40代を対象とした求人も出ています。

企画・調査・マーケティング企画・調査・マーケティング

リサーチ・デジタルマーケティングの求人が豊富

 リサーチ会社がリサーチ職の採用を積極的に展開しています。デジタルマーケティング職はリサーチ会社に加え、事業会社の求人も豊富です。WebやSNSを利用した販促や消費者とのコミュニケーションの経験がある方は引く手あまたですが、企業ごとに採用目的や求める経験が異なるため、うまくマッチすれば転職がスムーズに進むでしょう。ビッグデータの活用には各社力を入れており、解析・分析やシステムに強い人が求められています。

経営企画・広報・宣伝経営企画・広報・宣伝

大手メーカーで部門付の経営企画の求人が増加傾向

 経営企画の求人は1年ほど前に比べ、大手メーカーの各種事業部門からの求人が増えています。特にグローバル展開を推進するための採用が活発で、海外での新規事業や海外企業とのアライアンスなどの経験がある方は、業界をまたぐ転職も可能です。事業会社で経営企画の経験のある方はコンサルティング業界への転職のチャンスもあります。広報・宣伝職はIR、リスク管理、CSRなどの専門性も求める傾向にあります。