ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

この会社の人材戦略

JFEエンジニアリング株式会社 人事部長 原岡 恵子氏に聞く

JFEエンジニアリング株式会社 人事部長 原岡 恵子氏に聞く

キャリア採用100人に拡大。
環境エネルギー分野が好調、
海外事業も積極拡大

中途採用では大規模な積極採用方針を示したJFEエンジニアリングの求める人物像について、同社人事部長の原岡恵子氏に聞きました。
(編集部 鈴木)

JFEエンジニアリングの採用計画について教えてください。

原岡 恵子氏

 「2013年度の当初計画は、新卒採用68人、経験者採用62人でした。しかし、上半期の環境エネルギー分野や橋梁等の受注が好調なことに加えて、農業や医療等の新規分野への事業参入や海外事業の拡大を視野に入れると、現在の陣容では対応できません。そこで、即戦力となる経験者の採用を倍増させることに致しました」。

求められる人材には、どのようなことが必要でしょうか?

 「弊社は、3勝2敗よりも、8勝7敗の結果を残す人材獲得を目指しています。つまり、勝ち越しさえすれば、あとは勝率よりも多くのことに挑戦することをこそ評価します。勝ち残っていくためには、時代による変化を敏感に察知し、柔軟な思考で新しいことへチャレンジする精神が重要になるわけです。

 事業分野が広いことから、各部門で求める人材はさまざまで、エネルギーや機械、電気制御などの専門的なエンジニアから、営業や管理部門まで幅広く求人しています。細かいスキルなどは、各部署で異なりますが、共通していえるのは、『チャレンジ精神とやる気のある人』ということですね。弊社のホームページのキャリア採用募集職種には、『その他』というものがあります。これは、募集していない職種であっても、やる気があって、自らを売り込みたい方の応募を受け付けるために準備しているものなのです」。

海外展開拡大のための人事的な取り組みは?

 「海外人員の増加が急務です。そのために、社員の海外へのシフトと海外現地での採用を実施していますが、将来を見据え、本社採用の若手社員の海外派遣も年間20〜30人程実施しています。また語学力UPのため、今年度より昇格要件にTOEICの得点を入れることに致しました。海外業務に携わっていない社員も多くいますが、常に自分を高めるためにチャレンジしてほしいという思いで、全員を対象としています」。

最近増えている海外案件について説明してください。

 「国や地域によって注力商品が異なります。例えば欧州では、廃棄物をエネルギーに変えるプラントが要求されています。アジア諸国ではごみ焼却炉や下水処理施設、発電プラントが主体です。ミャンマーでは、橋梁建設などのインフラプロジェクトが目立ちます。他にもサウジアラビアからアメリカまで広く展開をしており、それぞれの国、地域にあわせて、『くらしの礎』を創っていく計画です」。

経験者採用を加速し、売上規模拡大へ経験者の採用方法と入社までどのようになっているか教えて下さい。

2010年に完成させたシンガポール、マリーナベイサンズのスカイパーク(空中庭園)
(写真提供:JFEエンジニアリング)

 「基本的には書類選考と複数回の面接を経て内定ということになります。気をつけているのは、弊社のことをしっかり理解してもらうことと、応募者の方の疑問をすべて解消することです。ミスマッチはお互いに不幸ですので。内定後は、個別事情を勘案した上で入社時期を決定します。まずは円満に退職していただくことが前提ですし、居所変更を伴う場合もありますので、双方で話し合うようにしています」。

経験者採用のよい点はどんなことでしょうか?

 「経験者の方だと育成期間があまり必要ではない、ということで始めました。もちろんそれもメリットですが、一番のポイントは、新しい風を吹き込んでくれることです。弊社内では当然のように行っていたことが、実は無駄だった、ということもあります。異なる経験、異なる視点からの意見というのは、とても重要です。幸い弊社には意見を言いやすい雰囲気があるようで、経験者採用の方々が周囲によい影響を与えてくれています。経験者採用を実施した部署からは、さらに採用を増やしたいと言われることが多いです」。

企業としての目標はありますか?

  「現在の売り上げ約3000億円から5000億円台に拡大し、海外売上比率も全体の2割程度に引き上げたいと考えています。これを達成するため一番必要なのは『人』です。社員が自分の実力を最大限発揮できる環境と仕組み作りを進めること、そして優秀な人材の確保を加速して行っていきたいと思います」。

原岡 恵子氏

JFEエンジニアリング株式会社 人事部長

原岡 恵子氏

1991年4月、日本鋼管株式会社に入社し、企画管理部原価管理室配属となる。その後、同社関連企業部での子会社管理・子会社再編業務を経て、2010年4月より人事部、2013年10月人事部長に就任。

社員数 約3,100人 グループ連結 約7,400人(2013.3期)
売上高 2,675億円(2013.3期/連結)
本社 横浜市
主な事業内容 エネルギー、環境、インフラなどのエンジニアリング事業を展開
事業所 ・国内支社 大阪、名古屋など全国主要都市
・海外拠点 東南アジア、欧州を中心に6支店11現地法人
(肩書、会社データは2013年10月末現在)