ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

この会社の人材戦略

三菱電機株式会社 人事部採用グループマネージャー 高石 圭悟氏に聞く

三菱電機株式会社 人事部採用グループマネージャー 高石 圭悟氏に聞く

積極的な採用計画を実施。
成長分野の強化とグローバル展開を推進

為替の影響などから好転する「ものづくり産業」の中で、総合電機メーカーの三菱電機は、例年、経験者採用に意欲的に取り組んでいます。同社人事部採用グループマネージャーの高石圭悟氏に経験者採用について聞きました。
(編集部 鈴木)

三菱電機の採用計画と採用方法について教えてください。

高石 圭悟氏

 「ここ数年は、毎年400人規模で経験者採用しています。募集職種は多岐にわたりますが、主に技術職と営業職が中心となります。なお、当社では、新卒者採用は本社の人事部が担当しますが、経験者採用の選考については、全国の支社・製作所が各々活動しています。従って、採用方法は各支社・製作所によって多少異なりますが、おおむね、書類選考、筆記試験、採用面接(複数回)のステップで選考します。いずれにしろ、経験者採用は当社の募集ニーズとのマッチングが前提となりますので、各募集案件のスペックとの合致を重要視しています」。

最近増えている海外駐在員の採用も多いのでしょうか?

 「事業のグローバル化に伴い、当社においても、世界各地域・国にある海外拠点への駐在員の数は増加傾向にあります。経験者採用の場合、世界各地域での経験は大変魅力的ですが、まずは国内で当社の事業や業務を習得いただき、その後、事業の必要性に応じて、国内での海外事業担当、または海外駐在員として活躍していただくこととなります。なお、昨今の傾向として、事業が年々グローバル化していますので、募集案件においては、海外業務経験や語学力がある方のニーズが増えてきています」。

経験者の人材確保という点では、順調に計画は進んでいるのでしょうか?

 「昨今、各社の求人ニーズは旺盛であり、さらに少子化や学生の理科離れなどの社会的要因も相まって、優秀な人材の獲得競争は一段と厳しさを増しています。当社においても、優秀な人材の獲得に向け、各支社・製作所ともに、社外セミナーや説明会への参加ならびに従業員との意見交換など、様々な工夫を施し活動しています。一方で、経験者採用はあくまで即戦力という観点がありますので、採用計画数達成のために、採用基準を下げてまで採用することはありません」。

経験者採用についての入社までどのようになっていますか?

 「内定者の中には現職の方がおり、また居住地の変更を要する方もいますので、入社時期は個別に相談しながら臨機応変に決定しています。なお、入社後は、各部門でのOJTを中心に業務を習得することになりますが、一定期間経過後、本社で開催する経験者向けのOff−JTに参加していただき、当社の企業理念や行動指針などを学んでいただきます」。

経験者採用の目的はどんなことでしょうか?

 「中長期的な適正人員構造の維持、環境・エネルギー事業および社会インフラシステム事業をはじめとする成長分野のさらなる強化とグローバル展開の推進を目的に積極的な採用を行っています」。

経験者募集での年齢については?

 「一律的な年齢制限はありませんが、当社各支社・製作所の募集案件を見ますと、30歳前後のニーズが多いのが現状です」。

求められる「社会インフラ、FA、自動車機器関連」の人材募集が多い事業はどこになりますか?

人工衛星ビジネスに前向き取り組む
(写真提供:三菱電機)

 「最近では社会インフラの重電システム部門、FA(ファクトリーオートメーション)や自動車機器の産業メカトロニクス部門での求人が比較的多いと思います」。

経験者採用では、入社後、ほかの社員とコミュニケーションが取りづらくなることは、ありませんか?

 「各支社・製作所では経験者で入社された方も多数おり、また、新卒・経験者といった採用形態の違いが業務に影響するようなことはないので、他の従業員とコミュニケーションが取りづらいということはないです。また、全国の支社・製作所で採用された経験者が集う本社での研修もありますので、社内で孤立してしまうようなことはないでしょう」。

人材戦略という点について、日本企業もグローバル採用に取り組んでいるようですが、三菱電機では、どんな取り組みをしていますか?

 「新卒採用においては、海外で開催される採用セミナーに参加し、海外の大学に留学している日本人の採用を行っているほか、日本に留学している外国人の採用も実施しています。また、グローバル人材の育成という観点においては、通常の出向や駐在とは別に、当社の海外拠点で1年間仕事をしながら外国語と現地文化を学ぶ海外OJT制度というものがあり、新卒・経験者ともに、業務の必要性や本人の希望に応じて、この制度を活用することができます。さらに、昨今では、海外拠点の現地従業員を日本の製作所で一定期間受け入れ、日本語や業務を習得してもらうことも実施しています」。

高石 圭悟氏

三菱電機株式会社 人事部採用グループマネージャー

高石 圭悟氏

1990年4月、三菱電機に入社し、人事部配属となる。その後、京都製作所・福山製作所での人事・総務業務を経て、2013年4月、人事部採用グループマネージャーに就任。

社員数 120958人
売上高 35671億円 (連結 2012年度) 
本社 東京都千代田区丸の内2-7-3
主な事業内容 重電システム部門、産業メカトロニクス部門、情報通信システム部門、電子デバイス部門、家庭電器部門
事業所 ・国内支社:北海道、東北、関越、神奈川、北陸、中部、関西、中国、四国、九州
・海外:北米、南米、欧州、アジア、中東、アフリカ