ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

この会社の人材戦略

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 CEO 吉田 浩一郎氏に聞く

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 CEO 吉田 浩一郎氏に聞く

平均年齢26歳の会社。
女性の新しい働き方や地域活性化に貢献する
人材を育成

インターネットの世界で注目されるクラウドを使った人と仕事のマッチングを成功させたクラウドワークス。吉田浩一郎社長は、起業から1年ほどで2万人の登録者と5000社の依頼企業を自社サイトに集めました。吉田社長に今後の人材戦略について語ってもらいました。
(編集部 鈴木)

働きたい子育て主婦や落ち込んでいる地方経済の雇用でクラウドワークスのビジネスが注目されていますね。会社の陣容を教えてください。

吉田 浩一郎氏

 「当社の設立は2011年です。ツイッターを使った私のつぶやきを見たフリーランスのエンジニア(当時、現在同社役員)がメッセージを寄せたことから、人と仕事のマッチングビジネスが生まれました。

 現在は社員15人、クラウドワークスを通した外注スタッフを合わせると約50人です。最近では現役大学生の役員が誕生して話題にもなりました。デザイナーの中には20歳の社員もいます。私は38歳で社員の平均年齢は
26歳の若い会社です」

社員としての役割の中で重要なことは何でしょうか?

 「今、インターネット業界では、優秀なエンジニアの確保が重要だと考えがちですが、実は最も重要なことは、『UX』(User Experience=ユーザー体験)が開発者にあることなのです。一つ一つの機能やデザインなどの個別の議論ではなく画面の中でいかに気持ちよく体験できているか、感動を生みだしているかを考えることが重要です。

 ですから、社内で開発する上では、このUXを大切にできる仲間を増やしたいのです。当社では、エンジニア、企画など職種に関係なくUX向上を課題に取り組んでいます」

高い経営目標を掲げるクラウドワークスの社員教育と勤務時間について説明してください。

社員は黙々と業務をこなしていた。日本のビットバレーといわれる東京・渋谷にオフィスを構えている。

 「新卒研修については、外部の専門機関にお任せしています。修了後はOJT(職場内教育)によって育てる仕組みになっています。朝は10時始業、夜7時までの勤務が原則ですが、成長著しい分野なのでエンジニアは責任も強く休日に出勤する社員もいれば、朝6時に会社へ来て仕事に励む人もいます。私はいろいろな働き方があっていいと思います。

 エンジニアの特徴として、必ずしも金銭だけではなくプロジェクトの成功体験を達成させたい意欲あふれる人が多いことが上げられます」

今後の経営と採用計画を教えてください。

 「2020年における当社の流通総額(契約金額の合計額)は1兆円を目標にしています。現状から考えるとはるかかなたの数字です。しかし、現在の急成長ぶりから達成できる数字であると思っています。

 新卒、中途を合わせた2014年3月までの採用予定者数は、合わせて5人程度を計画中です。中途採用でエンジニア職を、企画職で新卒を採用するつもりです。当社の採用方法は、まず新卒はインターンシップをしていただく。新卒、中途の方も当社で2、3カ月の試用期間を含めて、採用の是非が決まります」

吉田 浩一郎氏

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 CEO

吉田 浩一郎氏

1974年生まれ。 東京学芸大学卒業後、パイオニアなどを経て、 ドリコム 執行役員として上場を経験した後に独立。ベトナムへ事業展開し、日本とベトナムを行き来する中でインターネットを活用した時間と場所にこだわらない働き方に着目、2011年11月に株式会社クラウドワークスを創業した。本格的なクラウドソーシングサービスとして急成長しており、仕事の予算総額は10億円を突破、上場企業を始めとして5,000以上の企業が活用している他、岐阜県などの自治体とも提携を行っている。

社員数 約15人(クラウドワークスを通した外注スタッフ含め50人)
本社・東京事務所 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-8-3 イオレ渋谷7階
事業内容 クラウドソーシングサービス
設立 2011年11月
(本文中 肩書き、会社データは2013年3月現在)