履歴書の不備によって書類審査で落とされない

履歴書の書き方・見本サンプル

履歴書の書き方が分からない
志望動機ってどうまとめるの?
履歴書の見本が欲しい

・・・など履歴書にまつわる不安や疑問をお持ちの方必見!
履歴書を書く前の心構えから、学歴や職歴の書き方、採用担当者がどこを見て何をチェックしているかまで解説しています。
転職活動で必要になる書類だからこそ、大事なポイントを抑えて作りませんか?

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

趣味、特技の書き方のポイント

履歴書には、多くの場合、趣味や特技の欄が用意されており、何を書けばよいのか悩んでいる方も多いかと思います。採用担当者は、この欄から、どのような人柄なのか人物像を知ろうとしたり、面接時の会話の糸口になったりするところにもなります。そこで、ここでは趣味や特技の書き方のポイントを解説します。

能力をアピールすること

正直に自分の個性を表すようなことを書くことも大切ですが、履歴書の記載欄であり、応募した企業で自分を採用してもらうことが最終的な目的であるため、仕事に活かせるようなものがあれば優先して書くようにするとよいです。採用担当者からすると、採用するうえでのメリットとなり、面接での話が膨らむ確率も高くなるため、好印象を与えることができます。そのため、趣味や特技を通して、しっかりと仕事をするうえでの素質などをさりげなくアピールしましょう。

より具体的な内容を書くこと

「読書」「スポーツ」などありきたりなことを書く方も多いのですが、面接で触れてもらえずせっかくのアピールの機会を減らしてしまうことにもなるため、ありきたりなことは避けて、具体的に書くことをオススメします。趣味であれば、その頻度やどのようなことに楽しみを感じているかを、特技であれば、スキルレベルのわかるエピソードや今後の目標などの補足をあわせて書くのがよいです。面接での興味を引くきっかけになるかもしれないので、話題を広げるためのタネを忍ばせておきましょう。

NGワードを書かないこと

趣味や特技はプライベートな部分になりますが、履歴書はフォーマルな書類であるため、社会人としての常識におさまったものを書く必要があります。そのため、依存傾向が高く仕事をおろそかにしてしまう危険性のある「麻雀」「パチンコ」「競馬」などのギャンブル関連や、まだ社会人として一本立ちしていない幼稚なイメージを与える「ゲーム」「漫画」「アニメ」などのエンターテイメント関連は一般的には避けたほうがよいでしょう。

履歴書の不備によって書類審査で落とされない

転職のプロ「キャリアアドバイザー」監修

PCからアクセスいただくと

履歴書自動作成ツール

がご利用いただけます!

  • PDF形式で保存でき相手企業に送付できる
  • 見たまま入力できるから約5分で作成できる

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

PDF履歴書作成ツールの特徴