履歴書の不備によって書類審査で落とされない

履歴書の書き方・見本サンプル

履歴書の書き方が分からない
志望動機ってどうまとめるの?
履歴書の見本が欲しい

・・・など履歴書にまつわる不安や疑問をお持ちの方必見!
履歴書を書く前の心構えから、学歴や職歴の書き方、採用担当者がどこを見て何をチェックしているかまで解説しています。
転職活動で必要になる書類だからこそ、大事なポイントを抑えて作りませんか?

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

志望動機など

事業内容・職種内容を理解した上で応募しているかが重要

履歴書では、職歴と同じくらい志望動機は重要です。「大手企業だから」「給与が高いから」といった理由だけでは、採用担当者に「転職するならどこでもいいと考えている人」と思われるだけです。
志望企業の事業内容や職務内容を十分に理解した上で、「自分の職務経験を生かし、どんな仕事をしたいのか」といった内容を伝えるとよいでしょう。ここでは、採用担当を納得させる志望動機とはどのようなものなのかを解説します。

志望動機のポイント

  1. 志望動機

    志望企業の事業内容や職務内容を十分に理解した上で、「自分の経験を生かし、どんな仕事をしたいのか」を履歴書の中でしっかり伝えよう。

  2. 志望動機

    今までの仕事経験(職種・業務内容、業績など)を具体的に書いてください。

  3. 志望動機

    文章はスペースの9割は埋まるようにしてください。

  4. 志望動機

    志望企業の求人内容を正しく理解したうえで、自分のキャリアを活かしてどんな仕事に取り組みたいかをアピールする。

  5. 特技・好きな学科など

    仕事とは関係ないものは書かないほうがベターです。

  6. 扶養家族・配偶者など

    配偶者の有無は手当などに影響することもあるので、きちんと入力しよう。

志望動機を書く際のポイント

  • 求人内容を理解しているか
  • 企業の事業内容や方向性を理解しているか
  • 志望企業でキャリア(知識・スキル)を生かせるか

採用担当者が納得できる志望動機は、事業内容や今後の方向性、業界内での位置付けなどを理解した上で、企業のどこに魅力を感じ、その中で自分の知識・スキルや経験をどう生かせるのかを書いてください。

こんな志望動機はダメ

「給料が高いから」「大手企業だから」

年収アップ、大手・有名企業だけの志望動機は、採用担当者に悪い印象を与えてしまうでしょう。 本音ではそうかもしれませんが、「挑戦したい仕事がある」といった前向きな内容がよいでしょう。

「スカウトメールをもらったから応募した」

「メールが来たから応募した」では、その会社で働きたいという積極的な理由にはなりません。 受け身の姿勢の人材という印象を与えてしまいます。

「御社の製品のファンだったので」

新卒採用の学生などに良く見られますが、新卒でもこの程度の理由では採用されません。 「これからもうちの製品をお使いください」と思われるだけです。

「未経験ですが、仕事を通じて成長したい」

企業が中途採用を実施するのは即戦力となる人材を必要としているからです。 時間をかけて成長するなどという悠長な状況ではありません。 未経験でも前職の経験を生かせるというアピールが必要でしょう。

履歴書の不備によって書類審査で落とされない

転職のプロ「キャリアアドバイザー」監修

PCからアクセスいただくと

履歴書自動作成ツール

がご利用いただけます!

  • PDF形式で保存でき相手企業に送付できる
  • 見たまま入力できるから約5分で作成できる

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

PDF履歴書作成ツールの特徴