履歴書の不備によって書類審査で落とされない

履歴書の書き方・見本サンプル

履歴書の書き方が分からない
志望動機ってどうまとめるの?
履歴書の見本が欲しい

・・・など履歴書にまつわる不安や疑問をお持ちの方必見!
履歴書を書く前の心構えから、学歴や職歴の書き方、採用担当者がどこを見て何をチェックしているかまで解説しています。
転職活動で必要になる書類だからこそ、大事なポイントを抑えて作りませんか?

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

自己PRの書き方のポイント

採用担当者からみて、自己PRは志望動機と並んで、履歴書で重視される項目の一つです。企業の求めるスキルや経験にマッチする部分を中心に具体的、かつ、簡潔にまとめあげ、自分の性格や個性などを売り込むことで、面接へ進める確率が高まります。アピールすることがないと悩み落胆してしまう方もいるかと思いますが、効果的な自己PRを行えるように、ここでは3つのポイントを解説します。

キャリア・実績をもとにしたアピール

まず「仕事で没頭したことは何か?」「仕事で他人に自慢できることは何か?」「仕事で楽しいと感じた瞬間はあるか?」などと自分に問いかけてみて、これまでのキャリアの中で成功体験を棚卸ししてみることが必要です。
その成功体験から、もともと、どのような問題や課題があって、それに対して自分なりにどのように考えて、実際どのように行動を起こして、最終的にどのようなことに貢献できたのかを整理し直してみましょう。
そこに至るプロセスや気持ちを振り返ることで、応募先の企業が求める人材との接点を見つけ出すことができると思います。
接点が見つかれば、あとは、自分はこういう能力を持っており、こういうプロセスを踏み、こういった成果を成し遂げることが出来たと、採用担当者にも具体的にイメージできるような形でまとめて、アピールすればよいでしょう。

スキル・資格をもとにしたアピール

まず「どんな資格やスキルを持っているか?」「他人に負けないスキルは何か?」「他人から頼りにされたスキルはあるか?」などと自分に問いかけてみて、自分の持っている資格やスキルを棚卸ししてみることが必要です。
そこから、なぜ取得しよう、または、身につけようとしたのかの理由や背景、将来どんなふうに生かしていきたいのかを整理してみましょう。 整理することで、応募先の企業の求めているスキルや資格と合致する部分が見えてくると思いますので、こういった仕事をやりたいから資格取得した等ブラッシュアップを怠らない前向きな意欲を、アピールすることができるでしょう。ただし、資格やスキルの取得自体が目的になっていないかの注意が必要です。

やる気・人間性をもとにしたアピール

未経験や経験が浅く実績がなかった場合や、関連する資格やスキルを持っていないといった場合もあるかと思います。
仕事との接点がなければ、いくら熱意ややる気を伝えたところで、採用担当者からすると魅力を全く感じることはできません。
そのような場合には、「仕事での譲れないポイントやポリシーは何か?」「周りの人からどんな人だと思われているのか?」などと自分に問いかえてみて、応募先の企業の求める人物像との接点を見つけてみましょう。
人物像は募集資格や仕事内容などを確認すれば見えてくるものと思いますし、共通する姿勢や考え方を具体的に示して適正があることをアピールすることができるでしょう。

履歴書の不備によって書類審査で落とされない

転職のプロ「キャリアアドバイザー」監修

PCからアクセスいただくと

履歴書自動作成ツール

がご利用いただけます!

  • PDF形式で保存でき相手企業に送付できる
  • 見たまま入力できるから約5分で作成できる

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

PDF履歴書作成ツールの特徴