履歴書の不備によって書類審査で落とされない

履歴書の書き方・見本サンプル

履歴書の書き方が分からない
志望動機ってどうまとめるの?
履歴書の見本が欲しい

・・・など履歴書にまつわる不安や疑問をお持ちの方必見!
履歴書を書く前の心構えから、学歴や職歴の書き方、採用担当者がどこを見て何をチェックしているかまで解説しています。
転職活動で必要になる書類だからこそ、大事なポイントを抑えて作りませんか?

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

封筒の書き方のポイント

封筒は採用担当者にとって最初に目にとまるものです。
社会人としての常識的な書き方ができているかが求められており、できていないと中身の履歴書などを読んでもらえないことさえあります。そうならないように、封筒の書き方のポイントを今一度確認しておきましょう。

住所

都道府県名から書き、丁目、番地も「-」(ハイフン)などで省略しないようにしましょう。
ビルの中のオフィスの場合には、ビル名やフロアーの階数までしっかりと書きましょう。
2行にまたがってしまっても問題はありませんが、2行目の行頭は1文字下げて書きましょう。

その他表面

料金不足にならないように、郵便局の窓口で重量を測って郵送しましょう。
応募書類の郵送であることが一目でわかるように、表面の左下に「履歴書在中」「応募書類在中」などと赤字で書きましょう。なお、四角で囲んでも囲まなくてもどちらでも問題ありません。また、もともとプリントされているものを使用しても問題ありません。
表面に縦書きで右から、宛先の住所、宛名を書き、担当者名は封筒の中央の位置にくるように、それぞれ書きましょう。

裏面

テープではなくノリでしっかりと封をして、封をした境目に密封マーク「〆」を入れましょう。ただし、「×」印にならないように注意する必要があります。
自分の住所も封筒の表面同様に都道府県名から書き、丁目、番地、アパート名なども「-」(ハイフン)などで省略しないようにしましょう。なお、郵便番号も忘れずに書きましょう。
正式には封筒の継ぎ目の右側に住所、左側に氏名を書くこととされていますが、近年では、封筒の左側に住所、氏名を書くことも一般的になってきましたので、どちらでも問題ありません。
名前の文字は住所より大きめに書きましょう。
郵送する日付を左上に書きましょう。ただし、同封する履歴書などの書類の日付と同じ日付として、漢数字で書いてください。

履歴書の不備によって書類審査で落とされない

転職のプロ「キャリアアドバイザー」監修

PCからアクセスいただくと

履歴書自動作成ツール

がご利用いただけます!

  • PDF形式で保存でき相手企業に送付できる
  • 見たまま入力できるから約5分で作成できる

会員登録をして履歴書を作る無料

会員登録をして履歴書を作る無料

PDF履歴書作成ツールの特徴