ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ランキング資格ランキング2016

第1回 保有資格の満足度ランキング

第1回 保有資格の満足度ランキング

世の中には様々な資格や検定が存在します。取得したい資格や合格したい検定が明確になっている人でも、キャリアアップや人事評価の対象になるのか、他人がどんな資格を取得しているのか、転職が有利になる検定はあるのかなども、少なからず気になるところ。

そこで、20~40代のビジネスパーソンを対象にアンケート調査を行い、「保有資格の満足度ランキング」「お役立ち資格ランキング」「取得したい資格ランキング」の3つに分類して、さまざまな角度からランキングを作成しました。また費用や評価など、資格を取得するうえでの気になる実情も公開します。資格の取得や検定の受験を検討している人もそうでない人も、今後の参考材料にしてください。

※掲載内容は「日経キャリアマガジン 資格・スキルランキング2016」(2016年1月12日発行)の記事を引用および一部を編集したものであり、結果は日経HR(日経キャリアマガジン)と日本経済新聞社が2015年11月に共同で実施したビジネス系資格調査を基に作成

第1回保有資格の満足度ランキング

総合業種・職種を限定しない汎用性の
高い資格が上位の傾向

順位 資格名 合計 費用 時間・手間 活用度 将来性
応用情報技術者
14.08
3.69 3.15 3.62 3.62
秘書技能検定2級
13.89
4.13 4.13 3.00 2.63
ビジネス実務
法務検定®3級
13.60
3.70 4.10 2.90 2.90
4 ビジネス実務
法務検定®2級
13.54
3.91 3.18 3.27 3.18
5 電気工事施工管理技士
13.50
3.00 3.00 3.70 3.80
6 マイクロソフト認定
13.28
2.73 3.36 3.64 3.55
7 日商簿記検定2級
13.23
3.70 3.34 3.07 3.12
8 TOEIC®テスト
(Aレベル860点以上)
13.22
3.43 2.79 3.29 3.71
9 社会保険労務士
13.10
2.50 2.10 4.30 4.20
10 ファイナンシャル・
プランニング(FP)
技能検定2 級
13.07
3.63 3.63 2.75 3.06
「取ってよかった」!回答者の実感をランキング

 取った資格に対する「満足度」は、コストとパフォーマンスのバランスによって決まる。例えば、いかに安く短期間で取得した資格であっても、取得後の成果が得られなければ、満足度は低くなる。反対に「年収がアップした」「職場でよい評価を受けた」といった具体的なメリットがあれば、時間や金銭面のコストが多少高くても「取ってよかった」という実感が生まれるだろう。

 ここでは、ビジネスパーソンのそうした「実感」をランキング化した。具体的には、保有資格を3つまで挙げてもらい、「費用」「時間・手間」「活用度」「将来性」のカテゴリーごとに、各5点満点で満足度を採点してもらった。

 「費用」には、参考書代や学費、受験料、「時間・手間」には取得にかかる期間、勉強時間などが含まれる。点数が高いほど、その負担感が少なかったといえる。一方、「活用度」「将来性」の得点は、「取得後の手応え」に比例する。従って、全カテゴリーの合計点が高い資格ほど高順位となる。

 今回の調査は、回答者の6割が女性だった前回に比べて男性比率が増え、8割近くを占めた。ただ、上位の傾向はそれほど変わらず、「秘書技能検定」「日商簿記検定」など、業種・職種を問わず幅広い層が受験している資格が目立った。

実用的な法務知識のニーズが高まる

 総合ランキング1位に輝いたのは「応用情報技術者」。ITエンジニアのステップアップには必須の資格だ。各カテゴリーでバランスよく得点し、すべての資格で唯一、14点台に乗せた。IT系では、6位の「マイクロソフト認定」にも注目。

 本調査ではこの中に、人気の「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」を含めて集計している。エクセルやワードなどのスキルを証明することができ、実務での活用度が高い資格として企業からも評価されている。

 「ビジネス実務法務検定」は、3級が3位に、2級が4位にランクイン。ビジネスの現場で法律知識習得への注目度が高まっていることがうかがえる。昨今、個人情報の流出など、企業のコンプライアンス意識の希薄さが要因となった不祥事が、ニュースでたびたび報じられた影響もあるだろう。