ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ランキング人気資格ランキング

取得したい資格ランキング

取得したい資格ランキング

将来を見すえ、資格の取得や語学検定の受検などを検討している人のなかでも、どの資格の取得を目指すべきか、取得までにどのぐらいの時間を要するのかといった悩みを抱えている人は少なくないと思います。

そこで、20~40代のビジネスパーソンを対象にアンケート調査を行い、「取得している資格の満足度」「取得して仕事に役立っている資格」「これから取得したい資格」などに分類して、さまざまな角度からランキングを作成しました。ぜひ資格選びの参考にしてください。

※掲載内容は「日経キャリアマガジン 資格・スキルランキング2015」(2015年1月16日発行)の記事を引用および一部を編集したものであり、結果は日経HR(日経キャリアマガジン)と日本経済新聞社が2014年11月に共同で実施したビジネス系資格調査を基に作成

第3回取得したい資格ランキング

総合&業界・職種・年代別職種別、業界別、年代別を問わずTOEIC®A、B、Cレベルが上位に

順位 資格名 取得したい資格
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 19.3%
2 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 18.3%
3 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 17.8%
4 宅地建物取引主任者 13.4%
5 日商簿記検定2級 12.7%
6 中小企業診断士 12.0%
7 社会保険労務士 9.4%
8 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定3級 9.3%
9 日商簿記検定3級 8.7%
10 行政書士 7.9%
11 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定2級 7.7%
12 マイクロソフト認定 7.4%
13 TOEFLテスト 6.3%
14 メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種(ラインケアコース) 5.4%
15 プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP) 5.3%
16 ITパスポート 4.8%
16 危険物取扱者(甲種、乙種、丙種) 4.8%
18 日商簿記検定1級 4.5%
19 情報セキュリティスペシャリスト 4.4%
19 基本情報技術者 4.4%
21 TOEIC®テスト(Dレベル以下、470点未満) 4.3%
総合では英語、会計、法律などの基礎的な資格が人気

「取得したい資格ランキング」は、「今後、新たに資格取得を目指して勉強したいと考える分野はあるか」という質問に対し「ある」と答えた人に、「勉強したい、勉強を始めている資格」を挙げてもらった。「ある」と答えたのは全体の86.2%。その中で、挙がった資格の割合の高い順にランキングした。

総合ランキングでは、TOEIC®テストが1~3位を独占した。語学系では13位のTOEFLテスト、21位のTOEIC®テスト(Dレベル以下、470点未満)など、語学に対する熱の帯びようが見える。

全体的には日商簿記検定の2級が5位、3級が9位、1級が18位と関心が高い。国家資格の「ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定」も3級が8位、2級が11位とよりベーシックなものに関心が集まっている。

2015年4月から「宅地建物取引士」に呼称を変更した「宅地建物取引主任者」は、毎年20万人近くの受験者数があり、ランキングでも4位に入った。

英語以外では業界・職種のニーズを反映した結果に

「取得したい資格」を職種別、業界別、年代別に集計し、回答数が多かった4職種、3業界、3つの年代をピックアップ。いずれも「TOEIC®テスト」が上位に入り、業界・職種・年代を問わず英語への関心の高さを裏付けた。

職種別では営業・販売の2位・4位に「宅地建物取引主任者」「中小企業診断士」が入り、一般事務では4位・5位に「日商簿記検定」の3級・2級がランクイン。その職種でのニーズの高さを示した。

業界別では情報系でスペシャリスト資格が上位に、金融系で「宅地建物取引主任者」「ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定2級」が入るなど、業界での浸透度をうかがわせた。

年代別では20代・30代で日商簿記検定2級・3級がランクインして事務系の関心の高さを示した。40代になると「中小企業診断士」など専門性志向が高まっている。

職種別
営業・販売
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 17.8%
2 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 16.6%
2 宅地建物取引主任者 16.6%
4 中小企業診断士 15.4%
5 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定2級 12.9%
一般事務
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 15.7%
2 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定3級 13.4%
3 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 12.5%
4 日商簿記検定3級 12.0%
5 日商簿記検定2級 11.6%
5 宅地建物取引主任者 11.6%
企画・調査・マーケティング
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 24.7%
2 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 16.5%
3 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 14.4%
4 日商簿記検定2級 12.9%
5 中小企業診断士 11.9%
情報処理・情報システム
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 18.5%
2 情報セキュリティスペシャリスト 15.5%
3 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 14.3%
4 プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP) 13.1%
5 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 11.9%
5 日商簿記検定2級 11.9%
業界別
情報処理、SI、ソフトウエア
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 22.4%
2 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 15.8%
3 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 14.0%
4 日商簿記検定2級 12.7%
4 プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(PMP) 12.7%
6 情報セキュリティスペシャリスト 11.8%
金融・証券・保険
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 22.3%
2 宅地建物取引主任者 21.7%
3 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 16.0%
4 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 13.7%
5 中小企業診断士 13.1%
5 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定2級 13.1%
卸売・小売業・商業(商社含む)
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 20.6%
2 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 14.7%
3 社会保険労務士 12.5%
3 宅地建物取引主任者 12.5%
5 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 11.0%
5 ファイナンシャル・プランニング(FP)技能検定3級 11.0%
年代別
20歳代
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 22.9%
2 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 21.2%
3 日商簿記検定2級 18.2%
4 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 16.5%
5 宅地建物取引主任者 13.6%
30歳代
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 18.9%
2 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 17.0%
3 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 15.2%
4 日商簿記検定2級 12.8%
5 日商簿記検定3級 10.4%
40歳代
順位 資格名 自主的
1 TOEIC®テスト(Bレベル、730~860点未満) 15.1%
2 TOEIC®テスト(Cレベル、470~730点未満) 13.9%
3 TOEIC®テスト(Aレベル、860点以上) 13.3%
4 宅地建物取引主任者 12.5%
5 中小企業診断士 10.6%

今後取得したい資格ランキング

期間目指す資格の難易度によるが資格取得は
基本2年以内が目標

TOEIC®は短期決戦と長期型に二極化

新たに資格取得を目指したい人に、具体的な資格名を1つ挙げてもらい、どのくらいの期間で資格を取得したいかを聞いた。
全体で見ると「1年~2年以内」が40.4%と最も多く、以下「半年以内」が24.0%、「半年~1年以内」が16.7%と続いた。47.0%だった「半年以内」が取得を目指す段階では24.0%となり、「1年~2年以内」が増えていることから、挑戦段階ではやや長期戦の構えで臨もうとしていることが分かる。 資格別に見ていくと、TOEIC®Aレベルでは「半年以内」と「1年~2年以内」を併せて約75%で、短期集中型と長期型に分かれた。
難易度の高い「中小企業診断士」「宅地建物取引主任者」「社会保険労務士」は、いずれも「半年以内」「半年~1年以内」「1年~2年以内」の割合の合計が6割~8割で、長期にわたらない取得を目指すが、「2年~3年以内」以上の長期計画で臨む人も2割を超えた。