ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ランキング人を活かす会社調査ランキング

人を活かす会社ランキング vol.1 「職場環境・コミュニケーション」ランキング

人を活かす会社ランキング vol.1 「職場環境・コミュニケーション」ランキング

風通しの良い企業が並ぶイキイキ働ける環境提供

 メーカーでは、1位ソニー、3位日立製作所、4位パナソニック、5位富士フイルムホールディングなど7社が10以内に入った。大手家電メーカーが労働時間の適正化や風通しの良い職場づくりに積極的に取り組んでいることが分かった。金融では、6位日本興亜損害保険、9位損害保険ジャパンなど損保の健闘が目に付く。そのほかでは、2位にITサービスのSCSKが食い込んだ。SCSKは2011年に住商情報システムとCSKが合併して誕生した新しい会社である。社内でも「働きやすい職場づくり委員会」を設置するなどして評価が上がった。

 ランキング1位のソニーは、2010年度から世界共通の社員意識調査(グローバル・エンプロイー・サーベイ)を実施。調査結果を基に組織ごとの課題を発見することや、改善アクションを策定する社内ワークショップなどを実施している。

「職場環境・コミュニケーション」の評価項目は労働時間の適正さ、休暇の取りやすさ、社員間の“風通しの良さ”などである。どんなにやりがいのある仕事であっても働く場の環境が整っていなくては、社員はイキイキと働くことは難しい。また、メンタルヘルスへの施策やセクハラ・パワハラ防止への取り組みなども評価項目に入っている。上位にランクインした企業は、社員が心身ともに気持ちよく働けるような環境を提供して、能力を十分に発揮してもらおうと考えている企業である。

 入社後、長く働いていくには働きやすい環境が整っていることが大事である。企業がどのくらい職場環境の整備に力を入れているか、評価項目を参考にしながら、チェックしてみよう。