ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

人を活かす会社調査ランキング

  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01女性管理職が多い企業ランキング 女性管理職が多い企業ランキング ランキングは2014年度の部長職相当の女性比率を示したものである。政府は202年までに指導的地位の女性の割合を3割にする目標を掲げているが、伸び悩んでいるのが実情で、調査した企業全体の女性部長相当職は2.9%だった。また、1人もいないと回答した会社も35.5%あった。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01人を活かす企業調査ランキング 人を活かす企業調査ランキング 「人を活かす会社」調査は、さまざまな角度から人材を活かす企業とは何かを探るため、50の調査項目を「雇用・キャリア」「ダイバーシティ経営」「育児・介護」「職場・コミュニケーション」の4つの評価軸に割り振って分析したものだ。採用・人材登用、女性・シニア・外国人など多様な人材の育成や活用、ワークライフバランス、健康管理・職場環境への対応など幅広い項目について企業に尋ねた。同時にビジネスパーソンを対象に人を活かす会社の条件として重視する項目を聞き、その結果を調査に反映させた。「人を活かす会社」調査のランキングには、働きやすい環境の下、社員を活かす仕組みづくりに注力する企業が並ぶ。自分の希望する職種で才能を伸ばすことができる企業はどこか?気になる企業を今すぐチェック!
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.10 女性の育児休業取得実績ランキング 働きやすい会社ランキング vol.10 女性の育児休業取得実績ランキング 「女性の育児休業ランキング」は、連続1カ月以上育児休業を取得した実績数をまとめたものだ。育児休業制度は法定で定められているが、その利用実績となると企業によって大きく異なり、実態が分かりにくい。このランキングからは、実際の利用数が一目で分かるので、子育てをしながら働きたいという人には、企業選びの参考になるだろう。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.9 評価オープン度ランキング 働きやすい会社ランキング vol.9 評価オープン度ランキング 労働に対しては、誰でもきちんと評価されたいと思うものだ。ただし社員はそっちのけで上司だけで行われるような密室性があると、その評価自体が疑わしくなる。「評価オープン度ランキング」では、企業の評価制度が公開されているかどうか、さらにフィードバックがあり、面談の機会があるかどうかなど、オープン性を重視して点数化した。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.8 ワークライフバランス度ランキング 働きやすい会社ランキング vol.8 ワークライフバランス度ランキング ワークライフバランスとは、仕事とプライベートを調和させること。仕事に没頭するのではなく、私生活も充実、さらにさまざまなライフステージで働き続けられる仕組みをつくることだ。「ワークライフバランス度」で評価したのは、柔軟な勤務体系、時短制度など、働き続けやすい制度があること。例えば時差勤務、フレックスタイム制度があれば、仕事の忙しさに合わせて勤務時間を決めることができる。例えば育児・介護が必要になったときでも勤務することができるので、企業にとっても優秀な社員を確保できるというメリットがある。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.7 部長(相当職)最年少年齢ランキング 働きやすい会社ランキング vol.7 部長(相当職)最年少年齢ランキング 若いうちから仕事を任せてくれる会社に入社したいと考えるなら、「部長相当職最年少ラインキング」が参考になるだろう。これは、部長相当職に就いた最年少社員の年齢を、低い順から並べたものだ。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.6 一生勤めたい度ランキング 働きやすい会社ランキング vol.6 一生勤めたい度ランキング 働き方に対する意識は人それぞれだ。会社内でキャリアを積みたいと思っている人もいれば、専門知識をつけて将来は独立したいと考える人もいるだろう。もし「一生勤めたい」と考えるなら、長く働ける制度が整っていることがポイントになる。その指標として「一生勤めたい度ランキング」では、教育・研修制度、定年までの雇用制度などを中心に点数化してランキングにまとめた。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.5 有給休暇取得率ランキング 働きやすい会社ランキング vol.5 有給休暇取得率ランキング 社員の年次有給休暇取得率が高い企業から並べたランキングだ。上位ほど有給休暇を取得しやすいといえる。ビジネスパーソンが回答した働きやすい会社ランキングでも「休暇の取りやすさ」は2位に入るほど重視されている条件だ。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.4 女性登用度ランキング 働きやすい会社ランキング vol.4 女性登用度ランキング 厚生労働省が発表した「2011年度雇用均等基本調査」を見ると、係長相当職以上の女性の割合は8.7%。09年実施の調査より0.7ポイント上昇しているとはいえ、まだ1割に満たない。会社規模別では、1000~4999人規模で5%など、社員の多い企業で女性登用比率が低くなる傾向にある。
  • 人を活かす会社調査ランキング 2015/01/01働きやすい会社ランキング vol.3 社員一人あたり研修費のランキング 働きやすい会社ランキング vol.3 社員一人あたり研修費のランキング 「社員1人当たり研修費ランキング」は、人材育成にどれくらい教育・研修費をあてているかを調査したものだ。人材をしっかり育てようと企業の考えが、研修費の高さに表れているといえる。企業が社員に、長く働き続けて会社に貢献してほしいと期待しているということだ。
転職力&年収査定テスト グローバル力診断