ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ランキング

IT技術者が選ぶ「気になる会社、働いてみたい会社」2008年版

IT技術者が選ぶ「気になる会社、働いてみたい会社」2008年版
 米国に端を発した世界不況の波はさらに深刻さを増している。日経キャリアNETが日経BPコンサルティングの協力を得て行ったITエンジニアの「気になる会社、働いてみたい会社」調査によると、転職意欲は依然根強く、「働いてみたい会社」のトップにはソニーが輝いた。転職する際重視するのは、やはり「信頼できる」企業であることがトップだった。
【調査の概要】
2008年11月11日から11月25日の間、日経BPコンサルティングのWebサイト上にアンケートページ(AIDA)をオープンし、日経BP社のWeb会員サービス「ITpro」登録者および日経BPコンサルティングの調査モニター・回答者に調査協力依頼のメールを配信して回答を得た。その中から今回はコンピューター関連技術者(2454名)を有効回答とした。調査項目は「働いてみたい会社」のほか、「信頼性」「将来性」などの企業イメージ。

IT技術者が働いてみたい会社、ソニーが1位に


 「働いてみたい会社」のトップはソニーで、前年1位のグーグル、2位の日本IBMがそれぞれ2、3位に順位を下げた。トップ10ではアップルジャパンが4位(前回5位)、NTTデータが5位(同8位)、アマゾンジャパンが8位(同15位)と順位を上げ、新たにIBMビジネスコンサルティングが10位に食い込んだ。一方、前回3位のマイクロソフトは6位となったほか、NTTドコモ、ヤフー、インテルはTOP10圏外に順位を下げた。特に移動通信系ではNTTドコモの順位低下(13位)に対し、携帯電話の新規契約数の純増で連続トップに立つソフトバンクが11位(同23位)に躍進したのが目立った。

企業イメージ項目では外資系が上位


 企業イメージに関する質問では、「信頼性」「将来性」など6項目のトップはすべて外資系企業が占めた。グーグルは「将来性」「優秀な人材」「働く環境」で1位となり、特に「将来性」では2位のアマゾンジャパンを大きく引き離し、人気の高さをうかがわせた。また日本IBMも「信頼性」「給与・待遇」で1位だった。国内企業ではソニーが1位の項目こそなかったが、「働く環境」で2位だったほか、ほとんどの項目で10位以内と健闘した。