ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

ここらで3分、会話がコワイ

足元をすくわれることのないよう、適切に

足元をすくわれることのないよう、適切に

落語をヒントにコミュニケーションのコツをつかむ

近年、落語の人気が急上昇。落語ブームにあやかって、ビジネスでも「つかみはOK」となるようなコミュニケーション術を、本コラムではお話ししていきます。

転職に初めて踏み切るという方も、転職のチャンスをうかがっている方も、自分という唯一無二の価値ある商品を売り込む有効な術として、ぜひ参考にしてください。

※文/山田敏弘(岐阜大学教育学部教授、専門:日本語学・方言学)

足元をすくわれることのないよう、適切に

 最近、パイロットや客室乗務員(CA)が飲酒をしたためにトラブルとなり、飛行機が飛べなかったり遅れたりするニュースが続いています。飛行機を利用する側に立てば、人の命を預かる身としてルールに基づいた適切な飲酒を徹底してほしいと、誰もがそう願うと思います。

 落語にも飲酒を教訓にしたものなど、酒をネタにした数多くの演目がありますが、ビジネスパーソンたるもの飲酒で足元をすくわれないようにするためにも、今回は「反省」へのつなげ方が異なる演目を取り上げます。

反省して精進すれば、前よりずっと運気が上がる?

 酒の噺で有名なのは、なんと言っても「芝浜」でしょう。「芝浜」と言えば、立川談志さん。その一席から引いてみます。

 長屋住まいの魚屋勝五郎は、腕も良く客も付いているけれど、無類の酒好きで怠け者。長いこと休んでしまって、女房に尻をたたかれ、久しぶりに魚河岸へ。時間を間違えて早く着いた芝の浜で、ずっしり大金が入った財布を拾ってしまいます。財布を懐に入れると一目散で長屋に帰り、「これだけの金がありゃ、遊んで暮らしていけらぁ」とばかりに飲めや歌えやの大騒ぎ。その末に寝込んでしまいます。

 拾ったお金をネコババしようものならお縄を頂戴すると懸念し、一計を案じたのが勝五郎の女房。財布を拾ったことを夢にしてしまいます。談志さんはこの女房の演技を、これまた独特の女性の声色で演じます。その女房の助言を受け、きっぱりと酒を断ち、まっとうに魚屋に精を出すこと3年たった大晦日、除夜の鐘が鳴るときに女房が出してきたのは、あのとき拾った五十両の入った財布でした……。この続きは、ぜひ談志さんのCDを聴いて楽しんでいただきたいと思います。

 この噺は、飲酒を反省して精進すれば、前よりずっと運気が上がるという話になっていますが、それは機転を利かしたできた女房があってこその話。本来は自分で節制しなければ意味がありません。

落語の世界では、まだまだ酒の上の不埒に寛容?

 反対に、最後まで酒の席での失敗を悔いる噺が「百年目」です。

 いつも店の者に小言ばかり言う大阪船場の商家の番頭次兵衛が、花見船で羽目を外し、土手の花見客に絡んだあげく、あろうことか自分の主人に暴言を吐いてしまいます。談志さんの弟子であった立川志の輔さんの演じる、この番頭の狼狽(ろうばい)ぶりは一聴の価値ありです。

 我に返った次兵衛が翌朝、旦那に呼ばれていくと、意外にも旦那はそのことを責めず、日ごろの精勤を褒めたたえます。そして、同じように店の者もたまには褒めてやれと諭します。ここの語りが絶品なのですが、それは実際の落語を聴いてお楽しみいただくとして、どうも落語では酒の上の不埒(ふらち)に寛容なことが多いようです。

 しかし、同じことを現代で行ったとしたらどうなるでしょうか。今はもう、「酒に酔っていた」ことによる振る舞いに寛容な社会ではありません。ビジネスパーソンでなくとも信頼をなくしますし、暴力を振るって警察沙汰ともなれば、一気に社会的地位も職も失います。酒をたしなむときはTPOをわきまえて、くれぐれも適切に。それに尽きます。

 余談ですが、同じく談志さんの弟子の立川談春さんは、師匠とまったく違う「芝浜」を演じます。そこにあるのは夫婦愛。談志さんの噺では得心がいかなかった部分が、夫婦の丁々発止で見事に語られます。違った角度から捉えた「芝浜」もご一聴いただき、パートナーの愛を感じてみてください。

山田敏弘(やまだ・としひろ)

岐阜大学教育学部教授(専門:日本語学・方言学)

1965年岐阜県生まれ。名古屋大学卒。名古屋大学大学院博士課程前期課程修了。大阪大学大学院博士課程前期課程を経て博士取得(文学)。国際交流基金派遣日本語教育専門家としてローマ日本文化会館で勤務経験を持つ。著書は「国語を教える文法の底力」「国語教師が知っておきたい日本語文法」「日本語文法練習帳」(くろしお出版)、「日本語のしくみ」(白水社)、「日本語のベネファクティブ」(明治書院)、「その一言が余計です。」(ちくま新書)、「あの歌詞は、なぜ心に残るのか」(祥伝社新書)など。2016年4月から17年3月まで、ラジオ深夜便(NHKラジオ第一放送、毎月第3木曜深夜)のコーナー「暮らしの中のことば」に出演した。