人材育成を支援し、クライアント企業の未来を切り開く

人材育成を通じて企業の新しい価値を創造し続け、圧倒的No.1を目指すトーマツイノベーション。このミッションに果敢に挑んでいるのが、今回募集するコンサルタントです。最前線で活躍する社員が、仕事の魅力・やりがいについて語ります。

INTERVIEW

人材育成に関わるオンリー1のスペシャリストを目指したい

人事戦略コンサルティング第一本部シニアコンサルタント/新卒で都市銀行に入行。中小企業・個人事業主への融資や中堅・大企業向けの法人営業を経験。2015年トーマツ イノベーションに入社。現在は、コンサルティング部門のユニットリーダー。

「ヒト」という視点から経営課題を解決したいと転職を決意

都市銀行に入行した理由は、日本経済を盛り上げる一翼を担える仕事がしたいと考えたからです。前職では、企業経営に重要な「ヒト・モノ・カネ」のうち、「カネ」の経営課題に対しては十分に貢献できたと思います。ただ、経営者と幾度となく膝を付き合わせて話をしていくうちに、それだけでは解決できない課題に直面することが増えていきました。「優秀な人材が確保できない」「人材の育成が進まない」など、そのほとんどが「ヒト」に関する課題でした。前職で企業の経営課題に関われば関わるほど、これほどまでに多くの企業が「ヒト」に関連した課題を抱えていることを知りました。またそれと同時に、自分にはその分野での知識がないことに歯がゆさを強く感じていました。だからこそ、この転職を機会に、今度は「ヒト」という分野から企業経営の課題解決に貢献していきたいと考えました。

私にとって初めての転職であり、金融業界から人材業界という大きなキャリアチェンジでしたが、迷いはありませんでした。企業の経営課題解決により貢献するための選択だったからです。その中で当社を選んだのは、「ヒト」の課題の中でもより興味や関心を抱いていた「人材育成」というテーマに特化し、その分野で間違いなく圧倒的な実績を誇る企業だったからです。

未経験からでも成長できる環境だと実感

業界、職種ともに未経験でしたが、「やるからには徹底的にやる」というスタンスで臨みました。企業の経営課題に関してヒアリングを行い、仮説を立て、提案するという基本的な流れは、前職と変わりません。これまで培ってきたものの中で、活かせる部分は活かす、リセットすべき部分はリセットするという強い覚悟さえ持っていれば、必ず成長できると考えていたからです。

未経験の私が入社後に驚いたことは、「人材育成のプロフェッショナル」へと成長するために社内の仕組みが非常にしっかりしていること。モバイルラーニングによる人材育成の知識修得や、ユニットや部門間での定期的な勉強会、充実した社内図書館、上長と定期的な面談など。未経験の私にとって、学ぶべきことがしっかりと体系化されているこの環境は、非常にありがたかったです。

また、業務を通して権限や裁量を委ねてもらえる点が、日々のモチベーションへとつながっています。前職の銀行では業務があまりにも細分化されており、担当できる業務範囲が限定されていたのですが、当社は自分が顧客企業の窓口となってすべての業務を担うことができます。意欲次第で仕事の幅がどんどん広がっていく、この環境は想像以上のスピードで成長していけると、身を持って実感しています。

アプローチは無限大。人材育成を通じて多くの人々に影響を与えたい

現職での職務内容は、既存クライアントへの人材育成コンサルティング、新規クライアントへの営業活動、そして講師です。いずれも、ポイントはいかに実効性を引き出していくか。
既存クライアントに対しては、企業の3年後・5年後のビジョンを経営者から伺い、その実現に向けた人材育成計画をつくり上げます。当社のサービスを導入した際に、その企業の中にどう反映させていくのか、その実行イメージをより具体的にイメージします。

人材育成に関して、こうすればいいという絶対的ともいえる「カタチ」はありません。課題に対するアプローチ方法は無限にあります。だからこそ、「社員が変わってきた」という声を聞けた時は、コンサルタントとして、この上ない充実感とやりがいを感じます。社員が変わり、クライアント企業が大きく生まれ変わっていく、その瞬間に関わることができる最高の仕事です。

今後は様々な経験値を積み重ね、オンリー1の人材育成のプロフェッショナルを目指していきたいと思っています。そして、より多くの経営者、企業の成長に関わり、日本経済に大きなインパクトを与える一翼を担いたいと考えています。

自分自身の成長と会社への貢献を実感できるのが何よりもの魅力

人事戦略コンサルティング第一本部シニアコンサルタント/大学卒業後に、大手コンサルティングファームに入社。システムコンサルタントとして活躍。2010年トーマツ イノベーションに入社。コンサルタントとして数年従事した後に、営業企画を担当。

自分の想いを実現できるフィールドだと予感

新卒で入社したのは、大手コンサルティングファームでした。実家が自営業を営んでおり、経営者である父の悩む姿や苦労を、幼い頃から見てきました。そんな経営者の支援ができるコンサルタントになりたいと考え、前職を選びました。

1年目に配属されたのは、システムコンサルティングの部門でした。最初に担当したのは大手リース会社の会計システムの運用・保守業務。その後、大型システムの開発案件に上流工程から参画し、要件定義のサポートからシステムの精査、設計・開発までをひと通り経験しました。在籍した会社がベンダー数社を取りまとめる立場であったので、プロジェクトの全体像を把握し推進していく力を付ける、良い経験でした。ただ、あまりにもその規模感が大きく、自分の仕事が企業の課題に対してどう貢献ができたのか、いま一つ手応えがつかめないという想いを一方で感じていました。

そんな中、当社を知ったのは、まさに偶然でした。日々他社の情報を収集している中で、たまたま当社のホームページを目にしたのがきっかけです。当社の事業内容と、社員一人ひとりが成長意欲を持つ社風を知り、強く惹かれたことを今でも覚えています。私が実現したかった理想の仕事が、ここにある。そう確信し、転職を決意しました。

コンサルタント本来の「チカラ」を最大限発揮させる、その仕組みづくりに全力で取り組む

入社当時、心がけていたことは、クライアントや上司から頼まれた仕事をいかに正確、かつスピーディーにアウトプットするかということ。「時間がなかった」「スキルがなかった」などということを言い訳に、絶対に妥協だけはしたくありませんでした。

そのかいもあり、自分の能力をストレッチさせてもらえるような案件や業務を、与えてもらえたことはうれしかったですね。入社後数年で、企業内研修やコンサルティングも任せてもらえるようになり、今まで経験したことのないようなテーマを多数経験してきました。たとえ未経験の分野だったとしても、常に仕事の量・質ともに高い基準を求められる。そんな環境だったからこそ、自分自身の成長を日々実感することができたのだと思います。

入社後、未知の分野に積極的に挑む

1年目はコンサルタントとしての現場経験を積み、2年目にはリーダーとしてメンバー育成にも関わりました。その後、出産・育児休暇を取得後、新規設立部署である「企画推進部」へ配属となりました。現在は、クライアントにサービスを提供しやすい営業の仕組みづくりや、より価値提供につながるサービスの改善を行い、それを現場に展開する役割を担ってます。

例えるなら、コンサルタントが手探りで走っているオフロードを、全力で走れるよう先手を打ち、環境を整備・改善する仕事です。新たに構築した仕組みによって、コンサルタント一人ひとりが持つ本来の「チカラ」を最大限に発揮させ、営業効率が上がることによって成果につながることが、一番のやりがいだと感じています。

新規事業開発は、企業の未来への試金石。妥協しない不断の努力が欠かせない

人材戦略コンサルティング第一本部/マネジャー/前職はJASDAQ上場のIT企業。営業マネジャーとして医療機関・クリニック向けにホームページの制作を提案する営業に従事。2011年トーマツ イノベーションに入社。現在、マネジャーとしてコンサルティング本部東京拠点のマネジメントを一手に担う。

自らを起点として成長のサイクルを拡大

当社の急速な成長を支えてきたのは、社名にもある「イノベーション」の実現でした。
常に現状を否定しながら、一歩先を見据えたサービスを創り続けてきたからこそ、今のトーマツイノベーションがあります。

私が入社した5年前、「Biz CAMPUS」はこれまでにない定額制の人材育成サービスとして注目を集めていました。外部環境の変化と共に最適化を進め、現在業界で圧倒的なシェアを誇っています。また、学びの場だけではなく、学ぶ前の「正しい自己認識」を通じた「動機形成」や、学んだ後の「行動変容」を促す「アフターフォロー」まで包括したサービスを提供していることが、他社との優位性につながっています。この5年間、常にクライアントのニーズを超える新しい事業を創出してきた会社の成長があり、そこに積極的に携わることができる環境だったからこそ、私自身も圧倒的なスピードで成長できたと感じています。業界全体を見る広い視野と高い経営視点が着実に身に付いています。自らの意思を起点に、成長のサイクルは無限に広がっていく、そのように日々の仕事を通して実感しています。

湧き出るアイデアをカタチにしていく

これから入社していただく方にも、新規事業・サービスの開発や改善に積極的に参画していただきたいと期待しています。常にクライアントの企業経営の課題解決に最前線で挑んでいるからこそ分かる潜在的なニーズがあります。この領域に深く携わるほど、実現すべき人材育成のあり方が、自然と見えてくるからです。企業の経営課題の根幹にある人材に関する課題の数だけ解決策があり、その手法を仕組み化しサービスに落とし込む。何もないところから新しい価値を創り出す難しさとやりがいを感じながら、湧き出てくるアイデアを、カタチにしていただきたいです。

まだ解明されていない、人材育成の法則に挑む

事業継承、M&A、新規事業立ち上げ。多くの企業が持続的に成長を続けるためには、必ず変革期を迎えます。その変革に取り組む際に必要なのが企業における活躍人材であり、その成長の持続は、まさに企業の生命線です。人材育成は企業にとって究極の差別化戦略といっても過言ではないでしょう。

しかし、その確固たる手法はまだ解明されておらず、決して一朝一夕でできるものではありません。人材育成のテーマとしての大きさ、奥深さ、そして、コンサルタント自身も常に成長が求められるという厳しさ、これらの全てに共感とやりがいを感じられる方を、当社は求めています。人材育成の分野は、まさにフロンティアな領域です。まだまだいくらでも新しい価値の創造ができます。人材育成に革新を起こし、この分野での圧倒的No.1を目指して邁進していきます。

デロイトトーマツ 募集職種へ