大手コンビニの次世代システム構築に挑む

 アドバンスドビジネス本部は流通、小売業顧客をメインとする部門であり、多くの実績を挙げています。私自身もフューチャーに入社以来、主に大手コンビニエンスストアを担当し、いくつかの案件を手がけてきました。現在、取り組んでいるのは次世代システムの構築プロジェクトです。コンビニ業界は皆さんが想像する以上にITの重要性が高い業界です。業務プロセスやオペレーションを、人間が判断する余地を残しながらどうシステムに落とし込んでいくかが非常に重要になります。

 システム構築が目的ではなく、業務を改革し経営を支えていくこと。現在は、それを実現するためのグランドデザイン策定や要件定義、設計を行っています。

 最初から最後まで一気通貫でシステムに関われるのは、フューチャーで働くやりがいです。決して、コンサルティングのみ、構築して終わりではありません。お客様にとってはそれが新しい業務のスタート、その後の変化に対しスピード感を持って改善を続けていくために、運用・保守も含めてしっかりとやり抜く。そうしたスタンスは他のコンサルティングファームやSIerとは一線を画するものがあると思っています。また、コンパクトな会社であるがゆえに、やるべきことに対する知恵の結集が図りやすいのもフューチャーならではといえるでしょう。


お客様の真の成功を追求する姿勢を学ぶ

 ただ、それらはいずれもフューチャー独自の企業文化に根差したもの。頭では理解できたしても、実践できるようになるまでには時間がかかりました。入社したばかりの頃、上司からよく指摘されたのは「遠慮するな」という言葉。自分の実力を示したいがゆえに一人でがんばっていたのかもしれません。「君の、“できる、できない”は関係ない。いざとなったらできる人を巻き込んで、とにかくやり切らなければいけない」と言われました。
 また「迷ったら正しいことをやれ」というアドバイスもインパクトがありました。フューチャーがお客様と挑む壁は高く正解は誰にもわからない。誤解を恐れずに言うならば、フューチャーの利益や自分の立場などをあれこれ考えなくてもいい。お客様の成功に向けて、何をどうすればいいのかだけを客観的に判断していくことが大切だと教えられました。

 私は今、研修などを通じてフューチャーのコンサルティングマインドが他社とどう違うのかをレクチャーするような立場になりましたが、それは上司や先輩らの指導のたまものであると感謝しています。

 今後はフューチャーのビジネス拡大にもっともっと貢献していきたいですね。企業認知を高めるための発信であるとか、人材の育成であるとか、できることはいろいろあるはずです。個人的には「何か困ったことがあったら中野を呼べ」と言われるような存在になりたいと思っています。




お客様の課題解決に貢献できる喜びを実感

  所属するエンタープライズビジネス本部は大手物流企業を中心としたサービス業の顧客がメインです。私も現在、中堅物流会社向け基幹系システムプロジェクトに参画しています。7月に立ち上がったばかりのプロジェクトで、現在は、要件定義を終え、設計から開発へとフェーズが移っていくところです。私の役割は、お客様と打ち合わせを重ねながらニーズを引き出し、技術的な知見を生かしてシステムに実装していくこと。システムを組む上での下地づくりを担っているといえます。

 フューチャーを選んだのは、お客様の課題に真っ向から向き合い、お客様のあるべき姿の実現にチャレンジできる会社であると思ったからです。前職のSIerにはエンジニアとして10年ほど在籍したものの、つくらなければいけないものが決まっていたり、言われたものだけをつくるという仕事ばかり。「本当にお客様の課題解決になっているのだろうか」と常に疑問を抱いていました。



手を挙げれば任せてもらえるフィールド

 今回のお客様のプロジェクトに参画するのは、2回目となります。最初のプロジェクトは、わずか4カ月で立ち上げるというタイトな案件でした。短い期間のなかで、それぞれの強みや得意分野を上手く融合し、チームとして最大限の成果を目指していきました。何とか納期を間に合わせ、稼働できたときは、さすがにうれしかったです。印象的だったのはリーダーを務める上司の奮闘ぶりでした。メンバーがシステム構築に追われるなか、ある日、「XMLでログインの画面をつくってきたよ」と言いながらプロジェクトルームに入って来たのです。マネジメントだけでなく、システムを熟知している上に、自ら手も動かせる。そんなすごい人がプロジェクトの成功に向けて、求められる役割以上に取り組む姿勢を見て、感動してしまいました。

 私が目指しているのは「業務と技術をひもづけて問題解決に至る施策を提案できるコンサルタント」になることです。そのためには、もっともっと業務知識や最新の技術を習得し、レベルを高めていかなくてはなりません。社内にはロールモデルとなる上司や先輩が多いので、しっかりと学んでいきたいと思っています。「やりたい」と手を挙げれば、どんどんチャンスも与えてもらえる環境なので挑みがいがあります。