”変革期”を迎えたデルの新たな戦略とは。

新しい業界標準や最新テクノロジーの実現をリードする道を突き進むデル。さらにここ数年、M&Aを通して獲得した幅広い製品・サービス・ソリューションを、戦略的パートナーと協力してお客様に展開する手法が、業界で変革者として一目を置かれるゆえんでもある。変革期を迎えた今、新たな指針をどのように導き出しているのか、最前線で指揮を執る執行役員の諸原氏に聞いた。

パートナーとの協業を推進しながらITインフラのソリューションセリングを強化

デル株式会社 執行役員 法人営業統括本部 統括本部長 諸原 裕二氏

デルは2015年に創立31年、日本法人は販売業務開始から22年を迎えました。パソコンの直販からスタートした当社は、現在ではサーバー、ストレージ、ネットワーク、ソフトウェア、サービスまで幅広くラインナップをそろえ、ビジネスからコンシューマーまで多くのユーザーに製品やサービス、ソリューションを提供しています。
近年ではM&Aを積極的に推進し、さらなるソリューションの拡大を図っています。また、インテルやマイクロソフト、レッドハット、ヴイエムウェア、オラクル、SAPといった各分野のトップクラスの企業と連携を図り、標準化技術をベースとした短納期・低コストのITソリューションを提供する体制を整えています。
販売チャネルに関しても、これまで当社が強みとしてきた直販だけでなく、今まで以上にパートナーとの連携を図って新たなビジネス顧客を開拓しています。

オープンかつスタンダードな技術で変化の早いお客様のビジネスを迅速にサポート

当社の最大の強みは、オープンかつスタンダードな技術を生かしたハードウェアをスピーディーに市場に供給できる点にあります。特定ソフトウェアに縛られることなく広くアプローチできるため、あらゆるケースに対応した幅広いノウハウを社内に蓄積できます。
それらを生かして製品開発を行うことで、さらに質の高いハードウェアを生み出します。その製品がさらに多くのユーザーに受け入れられ、また多くのノウハウが社内に蓄積されるといった好循環が、当社の成長を支えています。 結果、変化の早いお客様のビジネスにもスピーディーに対応できます。
私たちが多くのお客様から支持を得ている理由は、こういったオープンかつスタンダードな技術へのこだわりによる安心感、スピード感、汎用性にあると言えるでしょう。次世代ストレージやセキュリティーのアウトソーシングサービスなど、時代の先を行く製品やソリューションも積極的に開発。ITトラブルを未然に防ぐ施策を提供することで、お客様にさらなる便利と安心をお届けしています。

ビジネスのフロントエンドだからこそ味わえるやりがいや面白さを存分に味わってほしい

新たなソリューション、そして、新たな顧客――。デルは現在、まさに変革期にあります。より高い目標を目指し、達成するためには、新たなメンバーによる新たなパワーが不可欠です。現在、当社が人材増強を積極的に行う背景は、そういった変革を強力に推進するからに他なりません。
当社で活躍いただくために必要なのは、リーダーシップやコミュニケーション能力、そして、お客様のことを真に考え、お客様に貢献したいと考える高いマインドです。業界を経験され、IT知識や業界知識を既に持っていらっしゃる皆さんには、特に大きな期待を寄せています。
ビジネスにおける当社の営業の役割は、オーケストラに例えるなら「指揮者」です。社内の多くのスペシャリストやスタッフをまとめ、パートナーとの協業を推進し、ビジネスをけん引する立場ならではのやりがいと面白さがあります。オープンかつスタンダードな世界で勝ち抜いていくのは、決してやさしいことではありません。だからこそ、その中で培った経験やノウハウは、必ず自身の成長につながります。 ぜひ皆さんも、当社で大いに活躍しさらに成長してください。組織はフラットで、若手でも存分に活躍できる環境があります。「デルに任せて良かった」というお客様の喜びの声を共に分かち合い、私たちと一緒に大きな達成感を味わい、共に成長し続けましょう。