ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

数字を読み解く

  • 数字を読み解く 2019/11/07英国が決める自国第一主義の帰趨 英国が決める自国第一主義の帰趨 英国で12月、総選挙が行われます。合意なき離脱が避けられるのか不透明な状況です。自国第一主義の背景には、デジタル化やグローバル化による製造業の雇用縮小があります。日本では英国や米国ほど自国第一主義の世論は盛り上がっていませんが、経済成長の実現にはデジタル化やグローバル化は不可欠。今後の日本は、どのような動きをしていくのでしょうか。
  • 数字を読み解く 2019/10/10短観が示す景気のピークアウト感 人手不足は変わらず 短観が示す景気のピークアウト感 人手不足は変わらず 日本銀行の短観9月調査には、製造業を中心に企業が景気の先行きが厳しいとみていることが表れています。景気が一変する可能性が高まっている状況ともいえるなか、専門家は雇用情勢が売り手市場から買い手市場に転換する日が、そう遠くないかもしれないとみる向きもあります。一体、今後はどうなっていくのでしょうか。
  • 数字を読み解く 2019/09/05景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も 景気後退が急速に進むリスク高まる 求人倍率に影響も 米中の貿易摩擦をはじめ、世界経済が不確実性を増すなか、4~6月の実質GDPは3四半期連続でプラス成長になったものの、有効求人倍率など労働市場にどのような影響があるのか。日本経済研究センターの研究員が最新の短期経済予測を基に紹介します。
  • 数字を読み解く 2019/08/08すでに景気後退しブロック経済の恐れ 雇用情勢も一変の可能性 すでに景気後退しブロック経済の恐れ 雇用情勢も一変の可能性 2019年6月の日本の景気後退確率は景気後退を示す67%超(日本経済研究センター公表)。さらに世界でブロック経済化が進むと、通常の不景気ではすまない恐れが強くなると、専門家はいいます。そうなったとき、雇用にはどのような影響があるのでしょうか。
  • 数字を読み解く 2019/07/042030年代半ば、日本のGDPは世界5位に転落? 2030年代半ば、日本のGDPは世界5位に転落? 今回は日本経済研究センターが6月中旬に公表した長期経済予測を紹介したいと思います。
  • 数字を読み解く 2019/06/06期待したい令和元年 平成元年と同じ兆しも 期待したい令和元年 平成元年と同じ兆しも 内閣府が5月に公表した2019年1-3月期の経済成長率は、多くのエコノミストはマイナス成長と予測していましたが、前期比0.5%増とプラス成長でした。
  • 数字を読み解く 2019/05/09トランプ発言、貿易戦争で景気は下降線か トランプ発言、貿易戦争で景気は下降線か 2018年度の経済指標と2019年1-3月期の経済指標を比べると景気ははっきりと陰りを示しているようです。18年度の鉱工業生産指数は前年度比0.2%増となりましたが、19年1-3月期は前期比2.6%減になっています。18年度の商業動態統計の小売業販売額は前年度比1.6%増ですが、1-3月期は前期比1.3%減になっています。生産も消費も18年度第4四半期(19年第1四半期)は低下傾向です。
  • 数字を読み解く 2019/04/04高度な技術を生かしきれない日本人――GAFAも嘆く保守性 高度な技術を生かしきれない日本人――GAFAも嘆く保守性 2019年3月20日に公表した日本経済研究センターの産業予測を紹介します。 当センターの「第45回中期経済予測」では、日本経済は2030年度までに少子高齢化などを背景にGDP成長率を低下させ、0%台半ばに落ちるとみています。この中期予測をベースに三大都市圏、地方圏の8地域に分けて2030年までの産業別予測をすると、都市も地方も厳しい現実が浮かび上がります。
  • 数字を読み解く 2019/03/07米中首脳会談で貿易戦争回避に期待 雇用は売り手が市場続く 米中首脳会談で貿易戦争回避に期待 雇用は売り手が市場続く 今回は日本経済研究センターが2月14日に公表した最新の短期経済予測の内容を中心に紹介します。 18年10-12月期の実質GDP(国内総生産)は、昨年夏に相次いだ自然災害の影響が出た7-9期の前期比▲0.7%(▲はマイナス)から前期比0.3%増とプラス成長に転じました。
  • 数字を読み解く 2019/02/07転職を考える際の重要な指標に落とし穴 転職を考える際の重要な指標に落とし穴 このコラムを書くうえで、極めて重要な統計である毎月勤労統計が不適切な手法で調査、データが修正されていた問題が世間の注目を集めています。2018年1-11月の名目賃金の伸びは0.4ポイント下方修正になります。実質賃金の伸びはマイナスになる可能性が高いでしょう。また毎勤統計以外にも、経済状況を的確に把握するために重要な「基幹統計」のうち、約半数で何らかの問題が発生していたことが明らかになっています。
転職力&年収査定テスト 「5期連続営業黒字」の中堅・中小企業