ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

New Career! エグゼクティブの転職

資格取得を積極的に取り組む姿勢が高い評価につながった

資格取得を積極的に取り組む姿勢が高い評価につながった

転職成功例 VOL.07 Gさん 男性 37歳


あこがれのコンサルへの転職

資格取得を積極的に取り組む姿勢が高い評価につながった

転職理由

会社内で自分の成果を理解してくれないことや人物評価の結果に納得できなかったこと、それと年収に対しても、もう少しアップできないかと考えていた。入社から長くシステムエンジニア(SE)として働いてきたので、別の職種であるITコンサルタントを希望し、転職を決めた。

転職前

SE(システムエンジニア)会社

プロジェクトマネジャー<

年収 800万円


求職から内定までの期間

2ヶ月

転職後

国内のITコンサルティング会社

営業

年収 1000万円年収UP!

一般的にITコンサルタントへの転職ニーズは高い。普通、20後半から30代前半までの求人が多いが、この方のように30代後半からのコンサルタントへの転職は厳しい。ところが、現場で長年プロジェクトマネジャーとして活躍してきて、クライアントの窓口担当として職務をいくつもこなしてきた経験を持つ優秀な人材だった。今回の転職においても筆記試験や3回の面接を難なくクリアできた。

コンサルタントの視点

中小企業診断士やIT系の資格などをたくさん取得されて、勉強熱心な方でした。特にITコンサルタントになるとこれまでより、相手にするクライアント側の職責も上がり、経営寄りの役員クラス以上となります。当然、業務上のスキルに加えて、経営や事業戦略などの深い知識も必要とされます。こうした高いニーズにもこたえられる意欲をお持ちだったことが成功につながったと思います。

【紹介者】

細梅 宣慶(ほそうめ・のりちか)氏

マンパワーグループ株式会社 
コンサルタント マネジャー 担当
http://www.manpowergroup.jp/

早稲田大学卒業後、富士通のSEとして勤務。その後、2006年4月にマンパワージャパンに入社。IT系やITコンサルタント業界を担当。