ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

New Career! エグゼクティブの転職

グローバル人材として成功する条件とは?

グローバル人材として成功する条件とは?

転職成功例 Vol.01 Aさん/男性 (37歳)


総合金融から流通幹部へ転職

グローバル人材として成功する条件とは?

転職前

総合金融

アジア担当

年収 1800万円


求職から内定までの期間

6ヶ月

転職後

総合金融

アジア(中国)事業担当

年収 2000万円年収UP

 現在、どの業界も共通していえることですが、国内事業が少子高齢化で縮小していく中で需要の伸びが著しい中国などアジア諸国への進出する企業の求人が多くあります。Aさん(男性 37歳)は中国での留学経験があり、その後中国などアジアでのビジネスを長く手掛け、語学力に加えて実務経験も豊富でポテンシャルが高く、その土地でのネットワークやどこで何が売れるかといった土地勘を肌感覚でお持ちでした。さらに、海外でのハードな交渉場面でも力を発揮できるタフな精神力も兼ね備えていました。

 求人側は大手流通会社で中国などアジアへ進出にあたってのカントリーマネジャーを探していました。こうしたタイミングでのマッチングでしたので、Aさんのような豊富な経験と高いモチベーションをあわせ持つ人材とニーズが合致しました。

 また、ご家族の理解もあったと思います。すでにAさんはご家族で海外駐在の経験が、日ごろからAさんが目指キャリアも明確だったからこそ、ご家族の理解を得られやすかったのではないでしょうか。

コンサルタントの視点

現地での市場に詳しく、年齢も30代だったことが、エグゼクティブとして転職できた成功要因になるでしょう。

日ごろから、ポテンシャルが高く、グローバル人材としてのスキルアップを心がけていたことも勝因だと思います。

【紹介者】

稲垣憲太 氏

コトラ 
シニアコンサルタント
http://www.kotora.jp/

大学卒業後、三井住友銀行(当時)に入行。支店で中堅企業に対する財政業務、本店営業部で融資、流動化取引、デリバティブ商品販売、M&A等戦略提案等を担当。2008年コトラに入社。