ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

新・シゴト相談室

応募条件にあるTOEICのスコアに達していない場合でも、選考に進む可能性はありますか?

応募条件にあるTOEICのスコアに達していない場合でも、選考に進む可能性はありますか?

グローバル企業への転職を希望しているのですが、やはり応募条件に「英語力」を求められるケースが多いです。TOEICのスコアでその基準を示している企業もありますが、もし現時点でそのスコアに達していない場合でも、選考に進む可能性はあるのでしょうか?(人事・34歳)

 企業の求人に記載のある応募の条件については、絶対ではなく「目安」のケースが多く、要件を満たしていなくても採用されるケースはもちろんあります。

 TOEICのスコアは書類選考の指標として使われますが、スコアの高さより、即戦力として、どれだけ経験やスキルがマッチしているかということにウエートを置く企業が多いです。実際、バイリンガルの方はTOEICを受けていないケースもあり、TOEICのスコアはあくまで目安となります。 また、応募条件には「英語力あれば尚可」と明記されている場合は、本人が英語力習得に意欲があり、仕事内容を問題なくこなせると判断した場合は、条件を満たさなくても採用されます。

 例えばグローバル企業での人事職採用であれば、国内だけでなく、海外法人の人事労務業務をお任せしたいと企業は考えます。この場合は英語力を応募条件として求められますが、国内の人事労務は即戦力として活躍できるスキルがあれば、英語力が足りない場合でも採用される可能性は高いです。ただ、その場合、入社後についても昇格基準に実績のほか「TOEIC○○点以上」という基準を設けている企業も増えているので、英語力のブラッシュアップは必須と言えるでしょう。

キャリアアドバイザー松本よりアドバイス

もちろん英語力があれば採用されるチャンスが多いことは確かですが、「業務経験・スキル」>英語力とする企業がほとんどです。今後一から英語力アップを目指すというのではなく、すでに「こういうことに取り組んでいます」という姿勢が評価されるので、ぜひ今からでも頑張ってください。