ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

新・シゴト相談室

退職交渉が長引いて入社日に間に合いません。入社日は先延ばしにできる?(IT、37歳)

退職交渉が長引いて入社日に間に合いません。入社日は先延ばしにできる?(IT、37歳)

退職交渉が長引いて、提示された入社日に間に合いません。提示された入社日を先延ばしすることはできますか? (IT、37歳)

 それはケースによります。たとえば、新規事業のローンチのタイミングや、期の初めで複数人同時入社による研修プログラムが設定されている場合などは、先延ばしすることは難しいと想定されます。
 企業側が指定してくるケースは該当日までに業務上、参画する必要性があるために指定してきている意図があるので、待ったなしでスピーディーな退職交渉を行うことが求められます。もし入社日に間に合わなくなってしまった場合は、これまでの退職交渉の進め方をきちんと説明できるよう、履歴を記録して残しておくことをおすすめします。

キャリアアドバイザー佐藤よりアドバイス

あらかじめ退職交渉が長引きそうであれば、転職エージェントを使っている場合はコンサルタント、直接応募の場合は人事担当者の方に事前に交渉が難航するリスクがあることを相談しておくことはマストです。前提として現職でどのくらい退職までに時間を要するのかを確認してから転職活動を始めることを心掛けてください。