ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

新・シゴト相談室

面接での「逆質問」を事前に用意しておいたほうがよいでしょうか?(営業・26歳)

面接での「逆質問」を事前に用意しておいたほうがよいでしょうか?(営業・26歳)

面接の最後に「質問はありますか?」と必ず聞かれます。面接で「逆質問」はやはり用意しておいたほうがよいのでしょうか?その際の注意点などがあれば教えてください。 (営業・26歳)

「何もありません」と回答するより、具体的な逆質問をすることは、意欲や熱意をアピールすることにつながりますので、できるだけ事前に用意しておくことをおすすめします。もちろん、すでにやりとりしているなかで回答を得てしまったときなどは無理にする必要はありません。

前提として、面接は自身の未来の就業先と直接コミュニケーションする場となりますので、この転職によって成し遂げたい条件や実現させたいことを軸に質問を考えておくと良いでしょう。 条件面に焦点を当てた質問内容ばかりになると、仕事そのものより「待遇面が判断基準」というマイナスイメージを持たれる可能性があるので、そこは注意が必要です。

キャリアアドバイザー佐藤よりアドバイス

同時に複数社の面接が進んでいる場合には、いずれの会社にも同様の逆質問を用意して回答を得ておくと、入社意思決定の際に企業選択の判断軸にもなるのでおすすめです。