ビジネスパーソンのキャリアアップ・転職について考えるニュース・コラムサイト

新・シゴト相談室

転職活動を始めたいのですが、仕事が忙しくて面接に行く時間がありません。会社を辞めてから転職活動すると、どのようなデメリットがありますか?(34歳、IT関連職)

転職活動を始めたいのですが、仕事が忙しくて面接に行く時間がありません。会社を辞めてから転職活動すると、どのようなデメリットがありますか?(34歳、IT関連職)

転職活動を始めたいのですが、仕事が忙しくて面接に行く時間がありません。会社を辞めてから転職活動すると、どのようなデメリットがありますか? (34歳、IT関連職)

現在、IT関連でプロジェクト型の仕事をしているため残業が多く、転職活動はおろか面接に行く時間が取れません。

今後、資格の勉強をしたいという考えもあり、オフの時間が取れる仕事を求めて転職活動をしたいと考えています。

このままだと転職活動をする時間が取れないため、会社を辞めてからじっくり転職活動しようかと考えているのですが、どのようなデメリットが考えられるでしょうか?

仕事がお忙しいなか転職活動をするのが大変なのはよくわかります。ただ、離職後の転職活動はやはりデメリットのほうが大きいとお考えください。

というのも、一番ネックとなるのは離職期間が発生することです。書類選考が行われる際、多くの場合は離職期間の有無も選考の対象となります。

そうなると離職期間が長ければ長いほど、転職活動が計画的に行われていない=仕事においても計画性が持てない人と思われてしまう可能性があるのです。

離職期間中に資格などを取得していれば有利に働く場合もありますが、基本的には離職期間はマイナスに見られることがほとんど。

また、次の就職先がなかなか決まらないと、焦りや自信の喪失などにつながりかねず、「とりあえず内定が出た会社で働こう」と妥協しがちになります。

それでは転職する意味がありませんよね。転職活動を少しでも有利に進めるためにも、何とか時間をやりくりして在職中に転職活動を行うことをお勧めします。

キャリアアドバイザー松本からのメッセージ

現職中に転職活動がベスト!ですが、どうしても難しい場合は、将来のキャリアプランの整理、求人情報の収集、応募書類の作成など、面接以外にできる準備を進めておくとといいでしょう。